男たちの大和/YAMATO/あらすじとネタバレと感想

男たちの大和 YAMATO 2005年の邦画

男たちの大和/YAMATOの概要

制作:2005年 日本
監督:佐藤純彌
出演:反町隆史、中村獅童、鈴木京香、蒼井優、松山ケンイチ、他

男たちの大和/YAMATOの見どころ

辺見じゅんの『決定版 男たちの大和』を元に終戦60周年を記念して佐藤純彌監督が映画化。
菊水作戦における戦艦大和の乗組員の物語である。
主演は反町隆史。

男たちの大和/YAMATOのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

戦争は人々に深い傷を残しています。
今は漁師として働いている神尾も、戦艦大和の乗組員としての過去を持っていました。
神尾は戦艦大和60周年記念の式典に参加して欲しいと言われますが、長い月日が経っても未だに過去とは向き合えませんでした。悩んで神尾は参加を断りました。
すると、女性が戦艦大和の沈没地点まで連れて行ってほしいと神尾に頼んできました。
皆が断る中、神尾が話を聞くと戦艦大和の戦友でもある上司の内田守の養女だという事が解ります。
内田は年末に亡くなり、戦艦大和の沈没地点に散骨して欲しいという遺言だというのでした。神尾の中でかつての過去がよみがえり、戦艦大和の沈没地点に行くことにしました。それは神尾にとっても過去を振り返るきっかけとなったのです。
神尾は内田の娘、真貴子に思い出を語りだします。
・・・昭和19年の春、神尾は戦艦大和に乗り込みました。上官である森脇と内田は厳しく、神尾たちを指導します。しかし日本は敗戦の色を濃くしていき、大和は沖縄特攻の命令を言われます。
その頃戦艦大和が同型艦の戦艦武蔵と一緒にフィリピンマリアナ沖海戦に参戦していました。そして武蔵を含めて日本の戦艦が破壊されている中で仲間たちも次々と戦死していました。大和一台でも沖縄に行けと言われて、沖縄に行っていた時にアメリカによって大和も破壊され沈没させられてしまいます。神尾と親友の西哲也は海に投げ出され、西は途中で力尽きて死んでしまいました。神尾もあと少しで力尽きるという時に上官の森脇によって助けられます。このことで一緒に載っていた戦友はほぼ亡くなってしまいました。

ネタバレと結末

そうして生き延びた神尾は、親友西の実家を訪ねました。
西の母は息子の死を受け入れられず、神尾を責め立てるばかりでした。ひとしきり感情が通過した西の母は田んぼで田植えを始めました。西が送金したお金で買った田んぼだといいます。神尾も黙って手伝います。
西の母が握り飯を神尾に渡し、神尾は改めて生き残ったことを西の母に詫びます。
西の母も謝り、なんとしても生き延びてくれと言われます。その後原爆を落とされ、終戦しました。
神尾は母親も兄弟も恋人も失いました。
・・・そうして現在、戦艦大和の沈没地点に神尾はいました。
神尾は死んだと思っていた内田は生きていて、15人もの孤児を引き取り育てていたことを聞かされます。
内田の人生を振り返り、神尾は改めて涙するのでした。

男たちの大和/YAMATOのみんなの感想

ネタバレなし

この物語を戦争物として捉えてしまうと戦争賛美になりかねない内容だと思うが、題名に関する「男たち」が織り成す友情物語として観れば、かなり心に響く作品だと思います。
主演の森脇(反町隆史)内田(中村獅童)の固く結ばれた絆と、それに年少兵の神尾(松山ケンイチ)が絡み、大和艦上での男の群像劇が如何なく表現されてます。
艦を降りた際の小ネタも、上手く海上生活に花を添えています。
「散る桜残る桜も散る桜」と士官長嶋一茂が兵に向け語るこの句も印象的でした。
軍艦好きな私にとっても、CGでの大和の雄姿やセットの艦上構造物の再現性は納得出来であり、良い作品だと評価します。(60代男性)

ネタバレあり

日本人として戦艦ヤマトの運命を知っていながら観たので、自国を守るため一致団結していく若い乗員たちの様子に悲哀を感じました。戦争シーンは予算が掛けられていると思われ、迫力があり戦闘機による銃撃や戦艦からの砲撃など、乗員たちが一種のリンチ状態で戦死していく描写には見ている側にとって少々辛い物もありました。しかしそれ故に戦争の悲惨さを感じることもでき、戦死した戦友の母親に対して、生きて帰ってすいませんと謝るシーンは正直日本人としてぐっとくるものがありました。 (30代男性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました