アイネクライネナハトムジーク/あらすじとネタバレと感想

アイネクライネナハトムジーク 2019年の邦画

アイネクライネナハトムジークの概要

制作:2019年 日本
監督:今泉力哉
出演:三浦春馬、多部未華子、矢本悠馬、森絵梨佳、他

アイネクライネナハトムジークの見どころ

伊坂幸太郎の小説を実写映画化。
伊坂の故郷でもある仙台を舞台に、ロケもオール仙台で行われた。斉藤和義が伊坂に作詞を頼んだことから出来上がった小説で、音楽は斉藤和義が担当している。タイトルはモーツァルトの同名曲からつけられている。
10年を交差しつつ繋がる恋と出会いのストーリー。

アイネクライネナハトムジークのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

冬の仙台駅では大型ビジョンにボクシングの試合を流しています。みんなが試合を見ている中、ひとり冒頭アンケートの仕事をしている佐藤(三浦春馬)は誰に声をかけても振り向いても貰えませんでした。そのうち道の端で歌っているストリートミュージシャンの斉藤の歌声ばかりを耳で追いかけてしまうようになります。
また、美容室では美容師の美奈子が板橋香澄の髪を施術しながら話をしていました。話の流れで美奈子に彼氏がいないとわかった香澄は自分の弟を美奈子に進めています。
佐藤は休日に大学時代の同級生織田一真と由美の家に遊びに行きました。佐藤は昔由美をいいなと思っていたものの発展はせず、一真と付き合いだし大学中に妊娠し結婚して5歳の子と産まれたばかりの赤ちゃんがいました。一真は佐藤に彼女がいないのかと聞き、いないと聞くと理想が高すぎると突っ込むのでした。
次の日、佐藤が会社に行くとき昨日の”理想的な出会いを期待している”という突っ込みを思い出しながら通勤していました。しかし何もなく会社につきました。
夜になり美奈子の電話に知らない番号からの着信がありました。それは香澄の弟からであり、本当に弟に電話番号を教えていたのでした。冷たく対応し、切ろうとした時に美奈子の部屋にゴキブリが出て叫んだことから二人は緊張の糸が切れ、心を通わせて行きます。それから美奈子は毎日香澄の弟と電話を楽しみました。しかしある日仕事が忙しくなるから電話できなくなると言われてしまいます。美奈子は香澄に理由を聞くと、今晩ウィンストン小野が勝ったら弟からプロポーズされるかもよ!というと意味の分からない美奈子は他力本願だと言ってのけるのでした。

ネタバレと結末

その頃佐藤は会社で残業をしており、突然上司が壊れ始めてパソコンのデータが飛んでしまいます。そして佐藤はデータのために街頭アンケートをするのでした。ストリートミュージシャンの歌声を聞きながら、聞き入っているもう一人の女性本間紗季と目が合います。アンケートをお願いして書いてもらうのでした。
一方なんとなくボクシングの試合を見ていた美奈子。ウィストンが勝ち、日本人初となるヘビー級王座となりました。なんとウィストン小野が香澄の弟だったのでした。そして付き合い始めます。美奈子はウィストンを連れて一真と由美の家に遊びに行きます。
10年後、佐藤と紗季は同棲していました。ウィンストンは美奈子と結婚して子供もいます。一真は妻と子にウィストンの試合を見に行こうと誘うものの高校生になった娘には毛嫌いされていました。
佐藤は10年前と同じように駅前のビジョンで試合を見ています。ストリートミュージシャンも同じでした。
一真の娘も恋を実らせ、佐藤はポロポーズに成功するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました