俺は、君のためにこそ死ににいく/あらすじとネタバレと感想

俺は、君のためにこそ死ににいく 2007年の邦画

俺は、君のためにこそ死ににいくの概要

制作:2007年 日本
監督:新城卓
出演:岸惠子、徳重聡、窪塚洋介、筒井道隆、多部未華子、他

俺は、君のためにこそ死ににいくのあらすじ

石原慎太郎制作総指揮・脚本、新城卓監督で作られた映画。
主演は窪塚洋介。
特攻隊の母と言われていた鳥濱トメ目線で映画は進んでいく。

俺は、君のためにこそ死ににいくのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

昭和18年の春の事。知覧では飛行訓練している若者が居ました。
練習は厳しく、そんな彼らをいやしたのは富屋食堂を営んでいる鳥濱トメでした。
昭和19年、フィリピンでは大西瀧治郎海軍中将が幹部たちを集め、敵の空母を封じるために特攻作戦を命じます。元々特攻に反対していた人も諦め、負け戦でもこの国は守らねばならないと納得します。
関行男大尉は最初の特攻を命じられ、悩みながらも特攻しました。
昭和20年、戦争は悪化を辿り、トメの次女の礼子は奉仕隊となり特攻の基地となった知覧の飛行場で働き始めます。
各地から特攻隊が集まります。トメは金山少尉と話をします。金山は朝鮮人でトメには深く感謝していました。トメは金山のために卵丼を用意します。
そして板東勝次少尉(窪塚洋介)は自分から志願したことをトメに話します。男手ひとつで育ててくれた父に自分では伝えられなかったので、出撃したら父に伝えて欲しいとトメに言いました。
特攻隊は出撃を命じられ、家族に手紙を書きます。出撃を見た人たちはせめて何かできないかと思い、娘を挺身隊に入れたりするのでした。
田端絋一少尉の婚約者は、富屋食堂に来ましたが、すでに出撃した後でした。しかし悪天候ゆえに引き返してきたのです。そして良子は籍を入れて欲しいと頼み込みます。しかし父が、明日死ぬわが子との入籍に反対しました。
次々に死んでいく特攻隊。トメの心はおだやかではありませんでした。
ある日の事、特攻隊たちから預かった手紙を軍の検閲を通さず出したという事で憲兵隊につかまります。
反発するトメは激しい暴行を受けます。

ネタバレと結末

その後解放されたトメに、改めて特攻隊の手紙をまとめて渡すのでした。
特攻隊は止まるところを知りません。俺は蛍になってまたここに戻ってくるよというもの。死んだら皆忘れてしまうというもの。トメは一人一人の気持ちを受け止め、励まします。
覚悟を決めて飛びたち、特攻するもの。失敗して死ぬもの。失敗して生き残るもの。すべては運命です。
やがて終戦を迎えます。
ひとりは家族と再会しますが、自分だけ生き残ってしまって悔やんでも悔やみきれないもの。戦争は数々の傷跡を残しました。
時間だけが流れ、月日のたった年老いた中西とトメは死んでいった特攻隊たちの姿が昨日のことのように目に浮かぶのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました