それでもボクはやってない/あらすじとネタバレと感想

それでもボクはやってない 2007年の邦画

それでもボクはやってないの概要

制作:2007年 日本
監督:周防正行
出演:加瀬亮、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、田中哲司、他

それでもボクはやってないの見どころ

無罪を主張しているのにどんどん罪を着せられてしまう強制わいせつ罪。
テレビ朝日 『報道発 ドキュメンタリ宣言スペシャル』でもドキュメンタリーが放映されたが、やってもいない痴漢で有罪にしたてあげられる男性は今でも多い。

それでもボクはやっていないのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

徹平(加瀬亮)はある日の事、就活で満員電車に乗り込みます。そこで女子中学生に痴漢に間違えられて、警察に連れて行かれます。何かの誤解だと思っていた徹平はすぐに誤解が解けると勘違いしていました。
怒鳴られ、罪を認めれば釈放するという警察に驚きます。
そして勝手に罪を認めたように調書を書き出します。徹平が怒ると手錠をかけられ、あっという間に逮捕されてしまいます。
やっていないという徹平を留置所に入れ、弁護士を呼びます。浜田弁護士が来て経緯を話す徹平。
スーツの裾がドアに挟まれて外していると「やめてください」と言われ、女子中学生に痴漢と言われます。駅員に連れて行かれるときに隣に居た女性も痴漢ではないといってくれましたが駅員は聞きもせず、その女性も電車で行ってしまいました。
説明を一通り聞いた弁護士でしたが、無実にするのは難しく、示談にすれば終わりといいました。
刑事や警察官からも不当な扱いを受け、有罪を待っていました。
徹平の母も差し入れを持ってきますが却下されてしまいます。
徹平と母は痴漢冤罪事件に強い弁護士を探し出します。今度は女性の須藤という弁護士が来ました。
そして無実を勝ち取る確率が3%ということも聞かされました。しかし力強い人も現れました。同じように痴漢冤罪で裁判を続けている佐田でした。有利なことばかりを助言してくれ、痴漢ではないといってくれた女性を探すことにします。

ネタバレと結末

そうして裁判は進みます。徹平は煽られるだけ煽られます。
第三回公判にあの女子中学生が来ますが、証言はかなりあいまいなものでした。その後保釈金200万円を払い、ひさしぶりに徹平は外に出れました。しかし裁判は終わりません。
自宅から押収されたアダルトビデオを刑事が持ち出し、罪を着せようとします。そんな時に、唯一の目撃者である女性が見つかりました。彼女はあの後留学していたのでした。
彼女は第九回公判で証言してくれることになりました。判決を迎え、懲役3か月執行猶予3年の有罪判決でした。
この判決を不服とするものは14日間以内に控訴できると裁判官がいい、徹平は迷わずに控訴するのでした。
徹平の無実を晴らす長い、長い時間の始まりです。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました