おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

タロウのバカ/あらすじとネタバレと感想

スポンサーリンク

タロウのバカの概要

制作:2019年 日本
監督:大森立嗣
出演:YOSHI、菅田将暉、仲野太賀、奥野瑛太、他

映画『タロウのバカ』予告編
スポンサーリンク

タロウのバカの見どころ

大森立嗣監督の渾身作「タロウのバカ」。
社会孤立、ネグレクト、犯罪、セックス、ヤクザなどの過激な世界観が描かれた問題作でもある。
名前の無い(戸籍がない)少年が世の中の現実に直面していく青春ドラマです。

タロウのバカのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

廃墟のようなボロい施設であり、そこは鎖をつけられた部屋がある。そこでは障碍者や老人が働いていました。劣悪な環境であり、過酷な労働。この施設はチンピラのような吉岡と小田が取り仕切っています。
ある時、血を流している障碍者が居ましたが、拳銃で撃ち殺します。その後、吉岡と小田が山奥に埋めに行きますが、吉岡は小田も殺してそこに埋めます。
そこでバイトしていたエージ(菅田将暉)。ある日パンツ一枚で歩いている少年を見つけます。少年は生まれてから戸籍も名前もなく、学校へも行ってませんでした。そして唯一の母からも育児放棄を受けていたのです。
エージと同級生のスギオは少年の事をタロウと呼びました。エージとスギオは細かいことは気にしません。三人は自由奔放に遊んでいました。エージは柔道の特待生として高校に入ったもののケガで断念。いつも期待を裏切られたとののしられていました。
エージは学校の見方が、スギオしかいませんでしたが、スギオは実は抜け出したかったのです。スギオは同級生のヨーコに思いを寄せていましたが、ヨーコは援助交際を繰り返します。
ある日の事、エージは吉岡を襲う計画を立てます。三人で動物のお面をかぶり、吉岡を襲いカバンを取って逃げました。中には拳銃が入っており、タロウが道行く人に拳銃をうち、カバンを持ち去ります。
エージは吉岡を襲った事がばれて締められます。タロウに話していると、タロウは吉岡を殺そうか?と言いました。

ネタバレと結末

スギオは二人から離れて、ヨーコの援助交際をやめさせようと暴行し、ヨーコにレイプ未遂を働いてしまいます。ある日のこと、タロウが知り合いのダウン症の女の子を見かけます。いつもは二人で居るのにと思い近寄ると、もう一人は川で死んでいました。タロウはその女の子を抱きしめ、いろんな感情が出てきます。
三人は吉岡に歯向かい、エージは殴られて負傷してしまいます。タロウは思わず吉岡を拳銃で撃ち殺してしまいました。そしてタロウは母に人殺しをしたことを告げ、母に拳銃を向けます。
三人がまた一緒に居る時、二人が寝てしまったスギオは拳銃で自殺します。
エージは頭を殴られてから意識朦朧でした。エージを支えてタロウは歩きましたが、エージは息を引き取ります。タロウは生まれて初めて悲しさを覚えます。タロウは力の限り叫び続けるのでした。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました