パラダイス・ネクスト/あらすじとネタバレと感想

パラダイス・ネクスト 中国・アジア映画

パラダイス・ネクストの概要

制作:2019年 日本・台湾
監督:半野喜弘
出演:妻夫木聡、豊川悦司、ニッキー・シエ、カイザー・チュアン、マイケル・ホァン、大鷹明良、他

パラダイス・ネクストの見どころ

日本と台湾の合作映画。主演は妻夫木聡と豊川悦司。音楽は坂本龍一。
一人の女性が謎の死を遂げ、その時ボディガードをしていたヤクザは日本を離れて台湾で暮らしていました。そこに真相を知る男が近づいてきて逃避行を続けていくというストーリー。

パラダイス・ネクストのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

台湾・台北で一人の日本人の牧野が暮らしていました。牧野は常に自分の命を狙われており、追手は常に殺意むき出しです。牧野は刺客を返り討ちにし、トタン屋根を飛び駆けて逃げます。
場末の食堂で牧野がご飯を食べに行くと、島という男が先にご飯を食べていました。チャラチャラした牧野は島に話しかけますが島は無言です。島と同じものをオーダーし、島に「俺の事を覚えてないか」と言います。それでも無言の島に「あんたの救世主」と言って、あるパーティに参加していたことを伝えます。
島は裏社会の人間で、現地のボスであるガオに囲われて台湾で生活しています。
トラブルから逃げてきた島は台湾でシンルーという女性のボディガードをしていました。しかしパーティの途中で突然謎の死を遂げていたのです。シンルーを警護できなかったことで島は落ち込んでいて今でも引きずっています。牧野はそのシンルーの死の原因をほのめかします。島は牧野の手を後ろ手に縛り拘束し詰問します。しかし牧野はのらりくらりとはぐらかすのでした。
ヤクザの加藤が現れて島に牧野を見つけたら殺すように言います。しかし島はシンルーの事を吐かせてから殺そうと思います。ガオから台北を離れたほうがいいと言われ、牧野を連れて台湾東海岸に行くことにします。ガオからは餞別に拳銃を一丁貰います。道を進んでいき、途中でご飯を食べに寄ると日本語の話せる台湾人シャオエンに会います。しかしシャオエンはシンルーに瓜二つで二人ともびっくりします。

ネタバレと結末

シャオエンとシンルーが無関係だと知った二人はシャオエンをスルーします。
そして隠れ家に向かうと、借金に追われている一家が廃墟だと思い込んで生活していました。言葉のわからない二人はシャオエンを呼び通訳してもらいます。
そして牧野と島はシャオエンの家に一緒に住むようになります。おだやかな日々が続きますが、牧野の追手が近づいていました。三人で海に出かけた時、シャオエンが殺し屋によって殺されます。二人はショックを受け、牧野は自分がシンルーに毒を盛って殺害したことを告白します。島は牧野に暴行します。殺してくれという牧野ですが島は殺すことができませんでした。そこにまた殺し屋がやってきて、島が撃ち殺します。
牧野はシャオエンの死体を小舟に乗せて楽園に行くと言います。船に乗った牧野を島が撃ち殺します。牧野は最後まで島に笑顔を見せていました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました