ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序/あらすじとネタバレと感想

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 国内アニメ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の概要

制作:2007年 日本
監督:庵野秀明(総監督)、摩砂雪、鶴巻和哉
出演(声):緒方恵美、三石琴乃、山口由里子、林原めぐみ、立木文彦、他

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序の見どころ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序は2007年に放映されたエヴァンゲリヲンアニメの『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4部作の第1作にあたる。 TV版の1~6話のストーリーを元に完全新作画として書き直されている。
監督は庵野秀明(総監督)、摩砂雪、鶴巻和哉。
セカンドインパクト後の新東京で14歳の少年がNERVの作ったヱヴァンゲリヲンに載って使徒と戦うストーリーである。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

セカンドインパクトから15年。この大災害によって人口は半分になっていました。
気候も変わり常夏の国になった日本。シンジ(14歳)は三年会っていない父に呼び出されて第3新東京市にやってきます。駅で葛城ミサトが迎えに来ることになっていましたが、シンジは駅で使徒が現れてしまいます。
シンジはミサトに間一髪で救われ車で第3新東京市の地下に広がる街ジオフロントにある「ネルフ」に連れて行かれます。
そしてネルフの最高司令官であるシンジの父ゲンドウに汎用ヒト型決戦兵器・人造人間ヱヴァンゲリヲンにのって使徒を倒せと言われてしまいます。シンジは拒否しますが、ゲンドウが代わりのパイロットを連れてきます。
無理に連れてこられたのは瀕死の状態だったレイでした。レイを見たシンジは自分が乗ることを決意します。初めて乗るエヴァにシンジは困惑してやられてしまいますが、やがてエヴァが暴走して使徒に勝ちます。戦いの終わったシンジはミサトの家に同居することとなりました。転校したシンジは新しい中学でなじめずにいましたが第5使徒が現れ、再び使徒と戦います。戦いを見ていた同級生とのわだかまりが溶け、友達になります。
そして6使徒が襲来し、歯が立たないネルフは「ヤシマ大作戦」を計画します。
使徒と戦うたびに死を覚悟するシンジは、ミサトにみんなは安全な場所で指示するだけでずるいといい、エヴァに載ることを拒否します。
ミサトはシンジにジオフロント深部にある第二使徒リリスを見せに連れて行きます。

ネタバレと結末

使徒とリリスが接触してしまうと、サードインパクトが起ってしまうため使徒がもしネルフに入ってきた時は施設ごと爆破する覚悟で居ることを教えます。
このことを知ったシンジはエヴァに乗ることを覚悟します。停電を起こし、電気を陽電子砲に集め一射目を撃ちましたが使徒を破壊できずにシンジは反撃されてしまいます。二発目の準備をする時に使徒に攻撃されそうになりますがレイにかばわれます。そして撃った二発目は無事に使徒のコアを捉えて使徒を破壊することに成功しました。レイとも心が通い合ったと思われます。
その頃月では白髪の少年カヲルが棺から目を覚ますのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました