クローズZERO/あらすじとネタバレと感想

クローズZERO 2007年の邦画

クローズZEROの概要

制作:2007年 日本
監督:三池崇史
出演:小栗旬、やべきょうすけ、黒木メイサ、桐谷健太、高橋努、他

クローズZEROの見どころ

高橋ヒロシの漫画を三池崇史監督が映画化。
主演は小栗旬。
不良の集まる鈴蘭男子高等学校のメンツをかけた戦いの物語である。
キャッチコピーは「熱く生きろ。」、「今を生きるオメーら、バカなままでいい、燃え尽きろ。」、「全部壊して、ゼロになれ。」。

クローズZEROのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

鈴蘭男子高等学校は偏差値は低いが、暴力偏差値では高いことで有名な不良高校です。
派閥が多数存在していて、誰もが鈴蘭のトップには立てませんでした。なかなか誰もトップに立てないため、「鈴蘭を制覇した者はワルの王者で、社会に出てからも通用する」という伝説までできている始末です。
源治は高校3年の春に、鈴蘭高校に編入してきます。父は劉生会滝谷組の組長でした。その父もまた鈴蘭高校のOBだったのです。そんな父でも鈴蘭のトップには立てませんでした。源治は父に認めてもらおうと思い、転校してきたのでした。
まず源治は芹沢が率いる芹沢軍団に目をつけます。二年や一年、そして一匹狼スタイルも多数いますが、源治は少しづつGPS(源治・パーフェクト・制覇)という自分のグループを作っていくのでした。どのチームもトップを取る事で頭がいっぱいです。
ある日チンピラの片桐に会いました。片桐も鈴蘭のOBで源治の父に憧れていたものの源治の父に断られ、敵対する矢崎組に入っていました。それでも片桐は源治を気に入りつるむようになります。
矢崎組組長が事態を知って、気に入らず片桐に源治を殺すように言います。
片桐は納得できず、源治の父にそれとなく言われたことを伝えます。当然矢崎の耳に入り、矢崎が片桐を呼び出します。矢崎は片桐を殺しました。
しかしこれも見せかけだけで、片桐は防弾チョッキで無事でした。死んだように見せかけて死んではいません。こうして矢崎は片桐に温情をかけたわけです。

ネタバレと結末

そのころ、源治が好意を寄せているルカが芹沢軍団の戸梶にさらわれてしまいます。
ルカは手下の目を盗み、源治に電話します。源治は無事にルカを救出することに成功しますが、このことが原因で源治と芹沢が決着をつけることとなりました。
話は大きくなってしまい、鈴蘭高校全体の大騒動のケンカとなったのです。乱闘騒ぎの中源治と芹沢が決着をつけます。激しい殴り合いの中、最後まで立っていたのは源治でした。芹沢を倒した源治は鈴蘭のトップであるように思えましたが、鈴蘭にはまだリンダマン(林田)という強敵が残っています。
源治は鈴蘭高校のトップを目指し、今日もケンカに明け暮れるのでした。

クローズZEROのみんなの感想

ネタバレなし

兎に角言える事は、偏差値が最低の不良高校の話です。単純にいって高校を統括する番町たる存在が無いために、常に喧嘩や攻防がたえず発生する映画でした。ここまで荒れている学校自他は漫画の世界ですが、このタイプの映画が好きな人にとってはたまらない映画だったみたいです。男の友情や裏切り、喧嘩がたっぷりの映画で、たくさんの出演者が喧嘩をするシーンは好き嫌いがはっきりする映画でした。(50代男性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました