アンフェア the movie/あらすじとネタバレと感想

アンフェア the movie 2007年の邦画

アンフェア the movieの概要

制作:2007年 日本
監督:小林義則
出演:篠原涼子、椎名桔平、成宮寛貴、阿部サダヲ、濱田マリ、他

アンフェア the movieの見どころ

秦建日子『推理小説』を元に劇場版アンフェアの映画を小林義則監督が映画化。
主演は篠原涼子。キャッチコピーは「雪平夏見、最後の事件。」だが続編が出ている。
父の死を追う敏腕女性刑事雪平夏見が今回はテロリストに向かう物語である。

アンフェア the movieのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

雪平夏見(篠原涼子)はバツイチで、元夫佐藤和夫との間にできた子供美央を一人で育てています。
そんな雪平は警視庁公安部公安総務課に勤める刑事です。
公安部の上司の斉木は結果さえ出せば好きに仕事をしてもいいので、雪平はわりと自由にやっていました。
雪平は仕事をしながら、亡くなった父が警察内部の不正を暴く極秘資料を追っています。
雪平は元夫は海外出張中で、その日も極秘資料を追っていました。ある日家政婦の真紀子に連れられて、美央は車で登校しようとすると、車が爆発してしまいます。真紀子は即死、美央は豊洲警察病院に運ばれます。
美央と病院に行った雪平は真紀子の両親に謝罪に行くために、いったん病院を出ます。するとそこに男たちが入れ替わりで入って行き、ライフル銃を持った男たちに病院が占領されてしまいました。テロです。
警視庁では捜査本部を設置、そして美央と看護師の浩子を残して人質を解放します。浩子は美央を隠した後、殺されていました。しばらくは隠れていたものの、爆発で目に包帯をしていた美央はやがて徘徊しだします。

豊洲警察病院は対テロ用に作られており、逆に言えばテロを起こす方にも都合よく作られています。
雪平がそこに来て、美央が居ないことに気が付き、単独で病院に入って行こうとすると鑑識課の三上もついてきます。
テロリストたちは検査入院中の警察庁長官篠崎を人質に取っていました。
公安は第1SAT隊を出動させるものの、全滅させられてしまいます。・・・これは表向きで、テロリストは公安の中にも入院患者にも居たのでした。テロリストは裏金80億を用意するように言われますが、公安は拒否します。

ネタバレと結末

要求が通らないテロリストは東京都内に黒色潰疽菌をばらまくと脅迫します。
雪平は美央に会うことができました。
美央はすでに黒色潰疽菌に感染した戸田と居たため、黒色潰疽菌に感染していました。
雪平と斉木はテロリストの菌ウイルスの時限装置を解除し、菌を回収し雪平は美央に抗血清を打って助けます。
同じころ捜査一課の特殊班管理官山路の恋人、蓮見が地下の制御室のパソコンをハッキングしてお金を取り、極秘文書をUSBに入れて盗んで逃げ、斉木に渡します。
斉木もまた警察の不正を暴きたかったのですが今回の美央と同じように婚約者を襲われていました。
そして斉木と雪平は銃を持ってにらみ合いますが、斉木が何者かによって殺されてしまいます。最後に斉木は雪平にUSBを渡すのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました