どろろ (映画)/あらすじとネタバレと感想

どろろ 2007年の邦画

どろろ (映画)の概要

制作:2007年 日本
監督:塩田明彦
出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、杉本哲太、麻生久美子、他

どろろ (映画)の見どころ

手塚治虫の漫画どろろを塩田明彦監督が実写映画化。
自分の体を取り戻す旅をしている百鬼丸と盗人のどろろの二人の旅の物語である。
主演は妻夫木聡、柴咲コウ。

どろろ (映画)のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

架空の世界賢帝暦304年のこと、醍醐景光は長年の戦いに終止符を打つべく、戦いに勝ち、背中に矢が刺さったまま封印されたお堂に入って行きました。そこには48体の像があり、望みを全て叶えるから天下を取らせてくれと像に願います。その時、妻のおなかの中には子供がおり、その子を差し出せというのでした。
天下を取るために魔物に自分の息子を差し出します。
自分の子供の48か所を魔物に差し上げるというものでした。そうして産まれた子供は48か所を失っており、どう見ても不満足な体でした。景光は殺そうとしますが、母がかばい川に流します。
川から流れてきた赤ちゃんを医者である寿海が拾い、人工的に体を作って育てました。

それから二十年後、大人になった百鬼丸は48の魔物と戦うことで自分の体を取り戻していきます。魔物を探すために旅に出ていると盗人のどろろと出会いました。どろろは百鬼丸の刀が欲しいといいます。親のかたき討ちをするために百鬼丸と旅することにしました。
百鬼丸とどろろは協力し、魔物を倒しながら旅をしていきます。二人の間にはやがて絆のようなものが生まれるのでした。
魔物を倒すと、ひとつづつ体は戻ってきます。そして二人は醍醐の仕切る街にやってきました。街で多宝丸を助けたことで気に入られた二人は城に呼ばれます。
そこでどろろは醍醐景光が自分の親を殺したことを百鬼丸に話します。百鬼丸は醍醐景光が本当の父親とは知りませんでした。

そして百鬼丸は景光の息子多宝丸に連れられて、醍醐景光の城に行きます

ネタバレと結末

百鬼丸は多宝丸の母親に会った瞬間、自分が生まれる前に父が魔物と契約したこと、そして契約によって生まれた自分の不満足の体、父が殺そうとしたこと、そして自分を逃した母のことが一気に頭の中に流れ込みました。
衝撃的でしたが、かろうじてどろろに「お前の父を殺したのは、俺の父だ。」と言います。
どろろとも一緒に居れないと思う百鬼丸でしたが、どろろに言うとあっさり親のかたき討ちを辞めるというのでした。そして父は昔魔物に差し出した百鬼丸が生きて帰ってきたと知り、百鬼丸を殺そうとします。
結果百鬼丸が勝ち、父は再び魔物に助けを求めますが亡くなってしまいます。
多宝丸は百鬼丸に城に残って欲しいといいますが、百鬼丸は後24の魔物を倒さないと自分の体が戻らないと断り、どろろとまた旅に出るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました