武士の一分/あらすじとネタバレと感想

武士の一分 2006年の邦画

武士の一分の概要

制作:2006年 日本
監督:山田洋次
出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、岡本信人、左時枝、他

武士の一分の見どころ

藤沢周平の小説『盲目剣谺返し』を武士の一分として山田洋次監督が映画化。
山田洋次の監督による『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』と共に「時代劇三部作」の完結作である。
下級武士が上級武士に復讐を果たすというストーリーである。
主演は木村拓哉。自身にとって初めての時代劇となった。

武士の一分のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

三村新之丞(木村拓哉)は小さな海坂藩に仕える下級武士でした。
武士としては優秀だったものの、出身が下級武士だったため毒味係として藩に居たのでした。
武士としての仕事はできないものの、妻の加世と幸せに暮らしていました。
仕事として毒味中に貝の毒に当たってしまい、視力を失ってしまいます。加世はお百度参りをしますが、医師からは見えることはないと言われてしまいました。
新之丞は絶望から自殺も考えますが自分が必要とされていると感じ、思いとどまりました。
しかし困るのが今後のお金の事。加世は藩においてもらえるように言いに行くことになりました。
その時偶然新之丞の藩の上司でもある島田がおり、一緒に藩に行ってくれ、無事に藩に残る事ができました。しかし島田は俺のおかげだと言わんばかりに佳世に肉体関係を強要するのでした。
新之丞は佳代と島田の事を知り、藩に聞くと島田が口をきいていなかったことが判明します。そして新之丞は佳世と縁を切りました。佳世が嫌いになったわけではなく、佳世に迷惑をかけたと思ったからなのでした。そして新之丞は復讐を誓います。

新之丞は、剣術の稽古を再開します。目が見えなくなってから久しくしていませんでしたが、練習の甲斐あって感を取り戻していったのでした。
新之丞と島田の決闘の日、島田は目も見えない奴に負けるはずがないと高をくくっていました。

新之丞は感を頼りに気配だけで剣をさばきます。

ネタバレと結末

島田は予想以上に新之丞が上達していることに驚き、追いこまれてしまいます。
そこで島田は背後から羽交い絞めにしますが、新之丞に腕を切り落とされてしまいます。
新之丞はそれ以上の追及はせず、そのまま家に帰ります。
新之丞は死刑になる事も覚悟していました。じっと待っていましたがいつまでも藩が来ませんでした。それもそのはず。島田は盲目に腕を切り落とされたことを恥だと思っており誰にも言っていませんでした。そして島田は自殺します。
事態は終結し、新之丞はいまだ佳世の事を想っていました。そのことを察した人が新しい飯炊き女だと連れてきたのが佳世でした。新之丞はご飯を食べて佳世が戻ってきたことを知り抱き合うのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました