HERO (2007年の映画)/あらすじとネタバレと感想

HERO 2008年の邦画

HERO (2007年の映画)の概要

制作:2007年 日本
監督:鈴木雅之
出演:木村拓哉(SMAP)、松たか子、大塚寧々、阿部寛、勝村政信、他

HERO (2007年の映画)の見どころ

人気ドラマHEROを鈴木雅之監督が映画化。主演は木村拓哉。
キャッチコピーは「久利生公平、最大の危機。」。
タモリが本名の森田一義名義で出演したり、当時大人気だった韓国の俳優イ・ビョンホンが友情出演したりと何かと話題を呼んだ映画である。
今回は日本を飛び出して韓国ロケもあり、ファン必須です。

HERO (2007年の映画)のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

久利生公平(木村拓哉)は六年ぶりに山口地検虹ヶ浦支部から東京地検城西支部に戻ってきます。
すっかり久利生を男として意識してしまっている舞子はツンデレな態度を取ってしまいます。
芝山(阿部寛)は自分の離婚調停で忙しく、芝山が起訴した傷害致死事件の公判検事をお願いされます。
楽勝な事件だと思われた久利生は、引き受けますがそれまで罪を認めていた容疑者である梅林が掌返して無罪を主張してきました。そして弁護士も凄腕の弁護士である蒲生が付き、その蒲生は無罪の獲得数が日本一です。
なぜこんな小さな事件に敏腕弁護士が付くのかと不思議に思った久利生が調べていくと、そこには代議士である花岡の贈収賄事件が絡んでいることが解りました。
花岡がゼネコンから1億円の賄賂を受け取った日、花岡は歯医者に行っていたといいますが、証言しているのは歯医者のビルで警備の仕事をしていた梅林です。梅林が有罪になってしまえば、このアリバイは通じなくなるのでどうやっても無罪にしたい花岡なのでした。
梅林が通勤に使っていた車「男魂」が韓国に不正輸出された事実をつかみ、久利生と雨宮は真実を追い求め釜山に旅立ちます。
二人は梅林の車を追っているとトラブルに合いますが韓国の検事カン(イ・ビョンホン)に助けられます。
証拠がつかめないまま日本に帰国し、改めて歯医者のビルの駐車場を確認します。
ビルの駐車場は四台です。花岡が賄賂を受け取った日にはすでに三台車が止まっていました。その三台は3階の住宅会社の社用車で3台分です。つまりは通常三台は埋まっていなければなりません。
梅林が言う通りなら梅林の車と花岡の車が止まっていなければおかしいのに、空いている駐車場が一台だったことが気になります。

ネタバレと結末

法廷で久利生はそのことを突きつけました。
そして法廷に証拠の写真が届きます。連続放火犯郷田が自分の携帯で撮影した火事現場(デジタル機器なので日時入り)に、男魂に乗った梅林が顔を出している写真でした。
花岡は焦りますが、結局は賄賂まですべてばれてしまうのでした。
そして久利生は韓国の検事に言われた言葉を翻訳してみると「彼女を手放すな」とわかり、「離さないと約束します」とスペイン語でつぶやくのでした。

HERO (2007年の映画)のみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

とにかく楽しめました。ひとつの事件から小さな疑問がいくつも浮かび、ほかの事件とも絡み合って韓国にまで行ってしまうという広がり方に驚きます。自分ならまず小さな疑問自体がわかないし。現場にいってもきっといつ付いたかわからない傷なんて気にしないし気づいても関係ないものだと思ってしまいます。事件に巻き込まれた人のことを真剣に考える検事ってすばらしい。どんな職業でもそういう人がいるとみんな巻き込まれていい流れができるんでしょうね。証拠の写真が見つかったときは一緒に喜びました。(40代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました