砂時計/あらすじとネタバレと感想

砂時計 2008年の邦画

砂時計の概要

制作:2008年 日本
監督:佐藤信介
出演:松下奈緒、夏帆、井坂俊哉、池松壮亮、塚田健太、他

砂時計のあらすじ

芦原妃名子の人気漫画を佐藤信介監督が映画化。
夏帆と松下奈緒のダブル主演で当時話題を呼んだ。
キャッチコピーは『ずっと、一緒にいたかった。』
テレビドラマ化された後、小説、映画化されたロングヒット作品である。
一人の少女が大人になるまでの心情を描いた作品である。

砂時計のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

杏の父親は多額の借金をし、母美和子は杏を連れての実家の島根県に帰ります。引っ越しの時に杏は美和子に砂時計を買ってもらいます。
離婚し帰ってきた美和子に美和子の母は冷たく当たります。帰ってきても二人を養うお金が無かったのです。
杏はすぐになじみ、同級生たちとなじみます。酒蔵の息子大悟は杏の家の事情を知っているので、手伝いをお願いします。その頃すべてが嫌になった母は杏を家において出て行ったきり帰ってこなくなっていました。そして見つかった時には自殺していました。杏は砂時計を壊し、大悟がそっと直しておくのでした。そして大悟は杏に杏を一人にはしないと約束するのでした。
母が亡くなった後、父親が杏を迎えに来ました。高校生になっていた杏は大悟に大事な砂時計を渡し、持って居て欲しいといいます。そして杏は父と東京で暮らします。
東京の高校で藤と知り合い、藤は杏にキスします。
一方、島根では大悟の事をずっと好きな椎香がいました。杏と大悟は一旦別れてしまいます。
そして10年後、同窓会で二人は再会します。大悟は教師になっていました。
しかし杏は佐倉という婚約者を連れて帰ってきていました。
大悟は10年前の約束を守れなかったといい、砂時計を返します。

ネタバレと結末

杏は東京に戻り、結婚式の準備を始めます。そして婚約者と共に生活していた杏は、時折考え込むようになっていました。考えることは大悟の事です。杏の事を不審に思うようになった婚約者は杏を責めました。
婚約者は砂時計の事を問い詰めますが杏はうまく言えませんでした。
そして婚約者は杏に母が自殺していたことを隠していたことを責め、弱い人間だとののりしました。
こうして杏の婚約は破棄されてしまいます。杏は家を出てさまよいます。
10年前のあの日も、大悟と別れた日も同じような感じだったことを思いだしました。
大悟は杏が失踪したことを知ります。杏は自殺未遂を起こし、大悟が迎えに来ました。
大悟だけでなく、父や祖母も来ていました。杏は一人ではないことを確信します。
元気になった杏は大悟と砂浜へ行き、大悟が砂時計を出して「俺を幸せにしてくれ」と言いました。杏は「任せて」といい、二人で手をつないで歩いていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました