あの日のオルガン/あらすじとネタバレと感想

あの日のオルガン2019年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

あの日のオルガンの概要

制作:2019年 日本
監督:平松恵美子
出演:戸田恵梨香、大原櫻子、佐久間由衣、三浦透子、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

あの日のオルガンの見どころ

第二次世界大戦中、子供たちを疎開させるために親から離れた疎開保育園が前向きに子供たちと過ごしていく様子を描いた作品。戦争中、子供たちを元気づけるためにオルガンが使われるが終戦後、子供たちは親に引き取られ保育園自体がなくなってしまい、保母は涙が止まらない・・・というストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

あの日のオルガンのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

第二次世界大戦中の1944年のこと。東京で保育園を経営している板倉は、東京への空襲が激しくなってきたことから埼玉での疎開保育を提案します。小学校の疎開はあったものの保育園での疎開はまだまだ浸透しておらず、小さいうちに親元を離れることに父兄から反対の声が上がりました。
しかしそうはいっても東京の空襲は日々激しくなり、父兄も子供だけでも助けたいという思いで保育園での疎開も開始されました。
職員の脇本が埼玉で見つけてきた疎開先は埼玉でも田舎の方で、平野村にある妙楽寺という廃墟寸前の建物でした。思ってたのとは違ったものの命より贅沢なものはない時代です。すぐに板倉楓率いる職員と50人の子供たちは疎開しました。出発の前日にも東京空襲が起こり、親たちも板倉に反対する者はいなくなっていました。
そうしてやってきた板倉たちでしたが、廃墟寸前のところに子供を寝泊まりさせて、風呂もないしトイレもひとつという過酷な環境に戸惑いますが、ここで頑張るしかありませんでした。
しかし住むところはあるものの、大人数なので食料が足りません。村の人たちもはじめこそ食料を分けてくれていたものの量もとうてい足りず、その上村の人たちからも邪魔扱いされるようになります。
しかし板倉たちはがんばります。大人たちが子供たちの見本になるようにと前を向いて、一つ一つの難題をクリアしていくのでした。
子供たちには悲しい時も辛い時もオルガンを弾いて聞かせ、早く戦争が終わるようにと祈ります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

ネタバレと結末

しかし戦争は悪化し、子供たちの親も戦争に駆り出された上に東京大空襲が起こります。
たまたま上京していた板倉は丁度大空襲に襲われてしまうのでした。板倉はどうにか生き残ったものの、家族を亡くしてしまいます。そして埼玉に戻ったものの子供たちの親も何人か死んでしまったことを伝えなくてはいけませんでした。脇本にも赤紙が届き、保育園の続行すらも怪しくなってきました。
その頃、空襲は埼玉にも迫ってきていました。しかし突然8月14日に終戦します。
疎開した保育園に親や親戚たちが子供を迎えに来ています。最後の子供が引き取られた時、保育園は終わりを迎えます。
子供たちの前でずっと気が張っていた板倉はいつまでも涙が止まらないのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料でU-NEXTで観る

タイトルとURLをコピーしました