椿三十郎/あらすじとネタバレと感想

椿三十郎 2007年の邦画

椿三十郎の概要

制作:2007年 日本
監督:森田芳光
出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、村川絵梨、他

椿三十郎の見どころ

黒澤明の映画『椿三十郎』を森田芳光監督がリメイクして映画化。
前作の脚本をそのまま使用し、現代風にアレンジして再構成している。
主演は織田裕二。

椿三十郎のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある夜の事神社のお堂に若い侍たちが9人集まっています。
上役の汚職を暴く密会でした。
井坂伊織は汚職をしている黒藤と、御用人の竹林を成敗してくれという内容の意見書を出します。
しかし伊織の伯父睦田はその意見書を受け取りませんでした。伊織が大目付の菊井に相談すると、仲間全員を社殿に集めなさいと言われたので集まっているのでした。
皆がお堂に入ると先客、椿三十郎がいました。
盗み聞きされたという若侍を抑えて、椿が発言します。「岡目八目、その大目付・菊井こそが黒幕だ」と。
皆は信じませんでしたが、椿の言う通りお堂は包囲されていました。
慌てる侍たちを抑えて椿が出ていきました。取り囲んでいた室戸半兵衛が椿に近づき、室戸は椿には敵わないと察して何もせずに出ていきました。

9人の若侍たちは自分のめでたさを呪うものの、不正を暴くことはあきらめてはいませんでした。
再びお堂に戻ってきた椿は侍たちの話を改めて聞き、意志の固さを確認し、協力することにしたのでした。
そして椿と侍たちは共に睦田の屋敷に行きます。しかし何者かによって睦田は連れ去られており、屋敷には睦田の嫁と娘千鳥が監禁されていただけなのでした。
椿は二人を助けて、侍の寺田文治の家に二人をかくまいました。睦田の嫁は椿にお礼を言いますが、やんわりと誰でも切るなと言います。そして睦田の嫁にやんわりと名前を聞かれて、恥ずかしそうに「椿三十郎です」というのでした。
名乗るのもためらわれたので、言われた時に目に入った椿と自分の歳を適当に合わせて名前を作ったのでした。

ネタバレと結末

寺田の家は「椿屋敷」と言われている黒藤の家の隣です。つまりは黒籐の家を指して椿三十郎という名前が出来上がったのでした。
次に椿は室戸半兵衛の所に行きました。室戸は椿に取り入ろうとし、ピンときた椿はその話に乗ったふりをしました。
若侍たちはその話を聞いて、椿は寝返ったと思い込み怒りだします。若侍は椿を暴走して尾行し、室戸半兵衛配下の人質になってしまいました。
若侍を助けるために大勢の人を切ることになってしまった椿。ケンカし、寺田の家で作戦を練り直します。
すると隣の黒藤屋敷から城代の意見書が流れてきます。黒藤屋敷に城代が居ると知り、睦田訪ねると睦田も黒藤屋敷に監禁されて居ました。
椿と若侍は二件の間を流れる小川に花を流すと睦田を救出する合図だと作戦を立てます。しかし室戸にその作戦がばれてしまい、捕らわれてしまいますがそこは若侍が襲撃。無事に睦田を救出します。
最後は椿は室戸の一騎打ちで勝った椿は何も言わずに去っていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました