洗骨/あらすじとネタバレと感想

洗骨2019年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

洗骨の概要

制作:2019年 日本
監督:照屋年之
出演:奥田瑛二、筒井道隆、水崎綾女、大島蓉子、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

洗骨の見どころ

沖縄の一部に残る風習洗骨をテーマにガレッジセールのゴリが本名の照屋年之で手掛けた作品。
風葬後に遺骨を洗い清め、改めて納骨するという風習と共に家族の思いや命について再確認していくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

洗骨のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

沖縄諸島にある粟国島では新城恵美子の葬儀をしています。
東京でエリートとして働く息子の剛と、名古屋で美容師として働く優子も島に帰ってきて叔母の信子を手伝います。恵美子の葬儀には参列者も多く、三人は対応に追われます。恵美子の夫である父の信綱は子供たちが家に帰った後、泡盛を浴びるように飲んでいました。信綱たち家族は四年後の洗骨でまた会う事を約束し普段通りの生活に戻ります。洗骨は沖縄の一部で残っている風習で、亡くなった人を風葬か土葬した後数年後に取りに行き、海水や酒で洗い直して死者との命のつながりを再確認してあの世に送り出すというものです。新城家では四年後に行う予定でした。
そして四年後、優子は妊娠していました。船で粟国島に戻り信綱が一人で暮らしている実家に戻ると、そこにはだらしない生活を送っている信綱の姿がありました。優子は家に入り、おなかの子は美容室の店長の子供でありシングルマザーで生むことを告げます。剛もまた東京から島に戻ってきており、妻と子は習い事があるから一人で戻ってきたというのでした。
そして新城家に親戚が集まり、剛が優子の話に怒り狂います。そして恵美子の洗骨をさせないと言うのでした。しかし信綱は何も言いませんでした。
そんなこんなで、信綱の家に優子の美容室の店長神山亮司がやって来ます。剛は怒りをあらわにし、詰め寄りますがそこでも信綱は何も言いません。亮司は泊まることになり、優子は亮司に幼いころの話をします。その話を隣の部屋で剛が聞いていました。優子はその後、母の形見である髪留めを見つけます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

家族の思いが寝静まった夜更けに、またもや一人で酒を飲んでつぶれていた信綱が瓶に頭を突っ込んで血を流します。剛と優子が病院に連れて行きますが、ついに剛が信綱に切れてしまいました。父の工場の借金を子供が払い、母に苦労をさせるだけさせて、自分が一番辛いと思っている父信綱に対して怒りが収まらないのでした。
その後、信綱を含め皆で魚を取りに行ったとき、剛が離婚したことを告白します。
信綱は信子に今はなき工場に連れて行かれ、現実を見るように言われます。そうして迎えた洗骨の日、家族は恵美子が風葬されている砂浜に行き棺桶を開けました。そして恵美子の骨を取り出し、家族は恵美子の骨を海水で洗い始めます。その時優子は陣痛を起こし、駆け寄った信子がぎっくり腰になり寝たまま男たちに出産の準備を指示し、優子はその場で生みます。信綱は孫の横に恵美子の骨を置いて、大騒動の洗骨は終わるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました