雪の華/あらすじとネタバレと感想

雪の華2019年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

雪の華の概要

制作:2019年 日本
監督:橋本光二郎
出演:登坂広臣(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、中条あやみ、高岡早紀、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

雪の華の見どころ

中島美嘉「雪の華」を原作とし実写映画化。
幼いころから病弱だった主人公が余命一年と言われ、願ったのは本当の恋。偶然出会った青年と100万で恋人契約を結び、ひと月だけ恋人になってもらい期間限定の恋をするというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

雪の華のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

子供の頃から病弱だった深雪はとうとう医師に余命一年だと言われます。
そして悔いのないように過ごせと言われてしまいます。その帰り道、深雪はひったくりにあってしまいます。ひったくりに気が付いたガラス職人の悠輔はひったくりからバッグを取り戻し、深雪に声ぐらい出せ!と言うと深雪は大きな声で助けてよ!と言います。深雪はバッグの事だけではなく、いろんなことを誰かに助けてもらいたかったのでした。そのまま悠輔は笑って帰るのでした。
半年経ち、ずっと悠輔の事を気にしていた深雪はバイトをしていた図書館を辞めました。そして偶然悠輔を見つけたのです。そしてつけていくと悠輔の働いているカフェに入り、深雪も入りましたが悠輔は深雪の事を忘れていました。悠輔はガラス職人ですがそれだけでは食べていけないので友人のカフェでバイトしていました。話をしているうちにその友人が帰ってきて経営が苦しいから店を畳もうかと聞いた深雪は、100万をとりだし悠輔に期間限定の恋人になってくれと頼みました。悠輔は驚きながらも承諾します。
深雪は恋人とやってみたいこと。というノートを作り書き出します。100万も出して悠輔と恋人になったものの深雪が望むのは本当にたわいもない事でした。水族館、買い物など普通の恋人がデートでするような事です。深雪は病気を隠して悠輔と付き合います。悠輔は金持ちのお嬢様だと思い込んでいて、深雪の言うとおりに動きます。深雪は悠輔の事を本当に好きになっていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

一方で外で医者と話している深雪を見かけた悠輔は嫉妬心が芽生えます。深雪の検査結果はあまり良くなく、深雪は悠輔に最後のお願いをします。それはフィンランドへの旅行で深雪はオーロラが見たかったのでした。しかし季節は深雪を待ってはくれずオーロラは見れませんでした。しかし二人は自然に手をつなぎ、キスをします。旅行から帰った二人は契約が終了しますが悠輔が未来のある話をしようとすると、深雪はあっさりと別れを告げて去って行きます。帰ってきた深雪は前倒しの入院をしますが、今回の入院でもう家には帰れない覚悟をしていました。そして入院の直前にひとりでフィンランドに行きオーロラを見る計画もしていました。医師に告げている時に悠輔が立ち聞きし、後で医師を追いかけて事情を聴きます。悠輔はすべての伏線が繋がってしまいました。深雪の余命が後少しだと聞いた悠輔は深雪を追いかけてフィンランドに行きます。深雪がオーロラを探していると、オーロラではなく悠輔が欲しかったことに気が付き思わず叫んでしまいます。するとそこに悠輔が立っていました。真実を知った二人はオーロラの下で抱き合いキスをします。そして一年経っても深雪は生きています。治療はしんどいものの傍には悠輔が居ます。深雪は弱弱しくなりながらも悠輔に「長生きしそう」というのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました