クライマーズ・ハイ/あらすじとネタバレと感想

クライマーズハイクライマーズハイ 2008年の邦画

クライマーズ・ハイの概要

制作:2008年 日本
監督:原田眞人
出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、他

クライマーズ・ハイの見どころ

横山秀夫の人気小説を原田眞人監督が映画化。主演は堤真一。
NHKでテレビドラマ化された後の映画である。
「クライマーズ・ハイ」とは、登山者の興奮状態が極限まで達し、恐怖感が麻痺してしまう状態。同じようにランナーズハイなどの言葉がある。
日本航空123便墜落事故を追う、新聞記者の物語である。

クライマーズ・ハイのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

北関東新聞者で記者の悠木は事件が起こると駆け付けるのが仕事でした。
登山が趣味であり、販売部門の友人安西と谷川岳にチャレンジしようとしていました。そこに日航ジャンボ旅客機が行方不明という知らせが入りました。
悠木は急いで会社に戻り、事件の全権デスクを任せられます。しかしなかなか全貌が明らかになりませんでした。やがて飛行機墜落の知らせが入ってきました。が、場所が特定できません。
そのうちになんとなく場所が特定され、佐山を山へ派遣します。佐山は思うような取材ができず、トラブルが重なり記事にはできませんでした。朝刊にも間に合わず、悠木は佐山に責められます。
その頃、安西は休みを登山に合わせようと頑張っていました。その無理がたたり、脳梗塞を起こしてしまい、数日後に亡くなってしまいました。
悠木は悲しみますが、デスクを守ります。乗客リストには自分の息子と同い年の子を見つけ、自分も息子を一人で載せることがあったので胸に迫るものがありました。
そして女性記者が墜落の原因である内容を取ってきて記事にします。それは特ダネでした。しかし悠木はこのネタの裏を取ってこいと言います。猛反対に合いますが、悠木は考えを曲げません。裏を取っている間に他の新聞社にすっぱ抜かれてしまいます。あざ笑う皆をよそに悠木は自分の仕事を進めていくのでした。

ネタバレと結末

悠木は遺族と会って、これまで特ダネばかり追ってきた自分を振り返ります。
会社の方針と自分の考え方がずれて来たのに気が付いたのでした。
時間が経つとともに、この事件の報道の頻度は少なくなっていきました。しかし遺族はいつ何時でも真実を知りたいと思っています。事故の事を継続的に新聞に載せるべきだという悠木は会社に掛け合いますが却下され、悠木は新聞社を辞めることにします。
時間が経って、安西の息子と安西とあの日登れなかった谷川岳に登ります。悠木は息子の痕跡を見つけ、悠木が仕事ばかりを優先してかまうこともなく、もう何年も連絡も取っていない息子と会いたいと思います。
安西の息子から父への気持ちを聞いた悠木は、自分の息子に会いに行くことを決意するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました