ハッピーフライト/あらすじとネタバレと感想

ハッピーフライト 2008年の邦画

ハッピーフライトの概要

制作:2008年 日本
監督:矢口史靖
出演:田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、吹石一恵、寺島しのぶ、田畑智子、他

ハッピーフライトの見どころ

矢口史靖監督映画。主演は綾瀬はるか。
飛行機会社に勤務している人たちにスポットを当てて、おもしろおかしく物語にしている心温まるストーリーである。
制作発表は、羽田空港にあるANAの格納庫で行われ、キャストたちは飛行機にサインを残した。

ハッピーフライトのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日のホノルル行きの飛行機NH1980。大勢のお客さんが搭乗し、乗組員や空港の関係者たちは慌ただしく動いています。
特に副操縦士の鈴木和博(田辺誠一)はこのフライトで、機長昇格の合否が決まるのでドキドキでした。
予定されていた優しそうな試験教官から厳しい試験教官に突然変更になり、気分的にもゲンナリしています。
一方キャビンアテンダントは新人キャビンアテンダントの斎藤悦子(綾瀬はるか)や田中真理が、厳しいチーフの山崎麗子と知り緊張します。空港内でクレーム処理をするグランドスタッフの木村菜採たちもオーバーブッキングでバタバタしていました。
整備士の中村は先輩整備士の小泉から焦らされ、必死で整備しています。
オペレーション・コントロール・センターに居るオペレーションディレクターの高橋はパソコンが苦手で最新システムについていけませんでした。
それでも無事にホノルル行き1980便は飛んでいきました。
悦子はオーダーを把握しきれず失敗ばかりしています。すぐに山崎が飛んできて叱られます。
そして食後のデザートが切れていることに気が付いて真理たちは自作しだします。
その頃操縦席では深刻な事態になっていました。
機体に異常があったのです。フライト直前までトラブルのあったピトー管がまた異常が発生し、速度表示が出ないのでした。
しかも天気は暴風雨です。副操縦士の鈴木はパニックに陥ってしまいます。

ネタバレと結末

試験教官の原田はそんな鈴木をサポートしてくれました。オペレーション・コントロール・センターに連絡し、一丸となって解決法を探ります。
しかし機体の異常は機内に伝わってしまいます。山崎はキャビンアテンダントをまとめようとします。
山崎に言われて悦子たちは落ち着きます。そして冷静に対処していくのでした。
そのころ操縦席ではやっと鈴木が落ち着きを取り戻します。
このころ、鈴木や新人キャビンアテンダントの悦子はベテランの先輩たちを心から信用し、尊敬する気持ちが芽生えました。
そしてホノルル行きの飛行機NH1980は協議の結果、ホノルルは行かずに東京に戻ることにします。
そして三時間かけて東京に戻り、皆はまたひとつ自信を重ねたのでした。明日に向かって成長していくことを見守りながら先輩たちは微笑むのです。

ハッピーフライトのみんなの感想

ネタバレなし

私の身内が、ちょうど同じ航空会社のCAとして国内線から国際線への移行の時期に公開されたのがこちらの映画。親戚の女の子の姿と重ね合わせて観てしまいました。飛行機は非常に安心な乗り物とわかっていますが、身内に関係者がいると、そうしても飛行機トラブルの映画やドキュメントを観るのが辛くなってしまいます。しかし、この映画はコミカルな表現が多かったので、気持ちが沈むことなく最後まで楽しく拝見できました。綾瀬はるかさんの演技に、某テレビドラマの堀ちえみさんの熱演を思い出しました。(50代男性)
綾瀬はるかがただただかわいい映画です(笑)。最初のウキウキしたシーンも好きです。お父さんとお母さんが差し入れを渡してくれるシーンは、なんだか親の愛を感じます。ただ、彼女が一緒にフライトをする仲間はかなり強者のよう。そんな彼女が挫折をしながらも、彼女ならではの能力を発揮して危機をうまくくりぬけます。それは空港で勤務する側も同じ。
管制塔側の様子や、グランドスタッフの苦労なども同じように危機に面していて、それを毎日うまく解決しているということが伝わります。中でも岸部一徳さんがテキパキ指示を出しているシーンは特にお気に入りです。(30代女性)
コメディ満載なんですが、それだけではなく、ハラハラドキドキ最後まで楽しめる映画です。綾瀬はるかが可愛いのはもちろん、脇役まで寺島しのぶや田畑智子など、実力派の俳優さんが揃っていて、キャストが豪華です。空港といえば、パイロットやCAが目立ちますが、他にもいろいろなお仕事をされているスタッフがいて、皆さんのおかげで安全に飛行機を飛ばせるんだな、と有り難く思いました。(30代女性)
綾瀬はるかさんが好きで見たのですが、コメディエンヌとしての彼女の魅力が楽しめるタイトル通りハッピーな映画でした。
機内や空港の裏側的なものも見られて面白いですし、お話のテンポも良く、見終わった後、「あーおもしろかった!」とすっきり爽やか。そのうえ、出演されている俳優さんは個性的な方が多く、小技の効いたシーンもあるので、そのあたりも楽しめました。
テレビで放送される度にみてしまう好きな映画です。(50代女性)

ネタバレあり

とてもコミカルで面白く家族で楽しんで見ることができる映画です。綾瀬はるかさんの魅力が詰まっています。失敗を繰り返しながらも、笑顔で親指を立ててオッケーポーズをする姿に私は女性ですがキュンとしました。時任三郎さんと田辺誠一さんのコックピットでのやり取りも面白いです。恋愛系かな、と思いきや空港で働く方々の苦悩ややりがいを感じることができる映画で、空港で仕事を考えておられる方におすすめの映画です。(30代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました