来る/あらすじとネタバレと感想

来る2018年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

来るの概要

制作:2018年 日本
監督:中島哲也
出演:岡田准一、黒木華、小松菜奈、青木崇高、柴田理恵、他

スポンサーリンク

来るの見どころ

澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を「来る」とタイトルを変えて中島哲也監督が映画化。
主演は岡田准一。
オカルトライターの主人公が、霊媒師の血を引くキャバ嬢と調査していくうちに得たいの知れないものと対峙していかなくてはならなくなる物語である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

来るのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

小学生の女の子が少年田原秀樹に「あんたもあれによばれる」と言い残し、行方不明になります。
その後少年(妻夫木聡)は大人になり、東京でサラリーマンをしていました。香奈(黒木華)を連れて実家に帰ります。すると田原は幼少時代に寝たきりの祖母といた時に何か恐ろしいものがやってきたことを思いだしてしまいます。しかしあの行方不明になった少女の名前までは思いだせませんでした。
香奈は毒親に育てられながら、スーパーでバイトしている時に田原と出会います。香奈は家庭というものがどういうものかイマイチわかっておらずに、田原の家で緊張してしまいます。
新居のお披露目で香奈を気遣ってくれたのは田原の親友津田でした。
ある日のこと、田原の会社の同僚高梨は血を出して倒れてしまい、そのまま入院し、人が変わったようになり一年後に死んでしまいます。
時は流れて娘の知紗は二歳になりました。イクメン気取りの田原の裏にノイローゼになって寝込む香奈。
田原は津田に相談すると、霊感のあるキャバ嬢真琴を連れてきます。真琴は田原に優しくしてやれと言われ逆切れします。野崎と真琴は香奈をいたわります。するとみんなの前でお札が破れてしまいます。
真琴の姉、琴子は有名な霊媒師です。「あれ」の対処法を仰ぎます。しかしその姉こそが「あれ」がなりすましていたもので、田原は死んでしまいました。

ネタバレと結末

香奈は再びスーパーで働きますがうまくいきません。津田はそんな香奈と男女の仲になっていました。
しかし何もかもがうまくいかない香奈。どんどん津田にのめりこんでいきます。
一方野崎は田原の実家の仏壇に置いたお護り札が、あれを呼び出す呪いのお札であったことを突き止めます。
真琴は破いて燃やしてしまいます。
香奈が家に帰ると再びあれに襲われます。真琴に家から逃げろと言われますが、香奈には行くところがありませんでした。店に入ってオムライスを食べて、トイレに知紗と入るとあれがいました。あれは母の顔をしています。加奈はトイレでそのまま死んでしまいます。
真琴は一命をとりとめて日本全国から霊能者を呼び出します。田原のマンションを隔離し大々的な祓いの儀式を準備します。まずは田原の霊を除霊します。何時間も経って、琴子は知紗が原因だと言い出しました。
部屋からは血が出てきて、琴子は野崎に知紗を預けてベランダから落とします。のちに野崎に知紗と真琴は合流し、知紗は幸せそうに眠っているのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2018年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました