ギャングース/あらすじとネタバレと感想

ギャングース2018年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ギャングースの概要

制作:2018年 日本
監督:入江悠
出演:高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)、林遣都、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ギャングースの見どころ

鈴木大介のノンフィクション書籍『家のない少年たち』を原作に、ストーリー共同制作に裏社会・貧困問題の取材に取り組むルポライターの鈴木大介を交えて作成された肥谷圭介の漫画を実写映画化。
強盗や窃盗を繰り返している三人を通して貧困ビジネスや裏社会を浮き彫りにしたストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ギャングーズのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

親から虐待されて捨てられ、学校にもろくに行けずに青春時代を少年院で過ごした社会に見捨てられたサイケ、カズキ、タケオは犯罪者のみターゲットにした窃盗稼業“タタキ”をしていました。三人は情報屋兼道具担当の高田と共に犯罪組織のアジトに入って盗みを繰り返していました。
ある日、同じようにアジトに侵入した時にヒカリという少女に見つかってしまいます。三人はヒカリの腕に焼き印を見つけて三人はヒカリを連れ出します。連れ出したヒカリは組織のSDカードを持っていました。
開いてみると犯罪営利組織六龍天の振り込み詐欺のターゲット名簿が入っていました。六龍天のリーダー安達と詐欺店舗を統括する加藤が勧誘役のプレイヤーに詐欺のポイントなどを熱心に教えています。加藤は社会から見捨てられている自分たちが、何をするでもない余ったお金を持っている人からお金を貰って何が悪いのかと正当化して説き伏せて行きます。六龍天には複数の店舗があり、それぞれの集まったお金をメッセンジャーを使って、ある六龍天の倉庫に集められるようになっていました。
三人はこの名簿を元に振り込み詐欺で上がってきたお金を奪って行きます。そしてそのお金で自分たちの身分証明を買い、家を手に入れて普通の仕事に就くことを目標としていました。
安達は金を横取りされたことに怒りますが、加藤はこの事件に隠れて加藤も金をくすねて彼女のアゲハと一緒に海外に逃げてしまおうと計画していました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

しかし三人は少年院で一緒だった真鍋にばれて金を奪われます。三人はこうなったら安達に挑む!と決意をし、安達を調べると海外でマネーロンダリングをしていることがわかります。そしてきれいになったお金が中国から千葉に運び込まれる予定であることがわかり、狙う決意をしますがあまりのスケールの大きさに、一旦ヒカリを養護施設に預けることにします。三人は安達に恨みのあるトラック運転手を仲間に引き入れ、加藤の輸送車を襲いますが中身は紙切れでした。そこではじめて加藤の目論見に気が付きます。加藤は金を持ってアゲハと待ち合わせし空港に向かいます。そこに待ち構えていたのは安達で加藤の裏切りを許せないのでした。
安達は加藤を殴り殺し、後を追ってきた三人と対峙します。そこにトラック運転手が参加し無事に勝ちます。トラック運転手は警察に電話し安達は捕まります。しかし三人は車のトランクのドアが開いていて金が飛んでいきました。
その後三人がご飯を食べていると安達の生い立ちをニュースで流していました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました