陰日向に咲く/あらすじとネタバレと感想

陰日向に咲く 2008年の邦画

陰日向に咲くの概要

制作:2008年 日本
監督:平川雄一朗
出演:岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、平山あや、緒川たまき、他

陰ひなたに咲くの見どころ

劇団ひとりの小説、陰日向に咲くを平川雄一朗監督が映画化。
主演の岡田准一と宮崎あおいはこの作品から出会い、結婚している。
キャッチコピーは『ひとりじゃない。』

陰日向に咲くのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

バスの運転手シンヤ(岡田准一)はとにかくパチンコ依存症。その日も借金取りに追われていました。
浅草を歩いていると、ストリップ劇場に入れられそうになっている女が居てシンヤが助けます。
名前は寿子(宮崎あおい)といい、寿子は若いころの母親の足取りを追っていたのでした。その母は昔、雷太とお笑いコンビを組んでいて浅草のストリップ劇場で披露していたのです。シンヤはなりゆきで寿子を手伝う事にします。
その一方で生活自体に疲れ切っているリュウタロウはホームレスのモーゼに憧れ、自分もホームレスを始めます。
アイドルオタクのゆうすけは追っかけているみゃーこのファンですが、みゃーこはあまり人気がなく、イベントにも三人しか集まりません。
寿子とシンヤは雷太の消息を辿ります。しかし母と雷太が芸能コンビを解散したのは、ストリッパーのジュピターという女性が絡んでいたことがわかりました。いいことをしていても、パチンコは忘れられません。その日も会社から出たお金を使い切ってしまったのです。どうにか借金取りの借金を返そうと思ったシンヤは俺俺詐欺に手を出してしまうのでした。お婆さんとの電話で健一になりきるシンヤ。花火大会に一緒に行くことになりました。
そしてホームレスになったリュウタロウは、野球選手がホームレスの中に居る父親を探していることを聞きます。モーゼの家からその選手の切り抜きが見つかったことからリュウタロウはモーゼが父だと思います。
モーゼは野球選手の息子に引き取られますが、20年暮らしたモーゼの家を守ろうとリュウタロウは思いました。
そしてアイドルの追っかけは、みゃーこがテレビに出ることを知り喜びますが、みゃーこは汚れ役でした。すっかり汚れのイメージが世間についてしまうみゃーこを励まそうとゆうすけはメールをします。

ネタバレと結末

シンヤはパチンコ屋に居る所を会社に抑えられ、みんなの前で謝ります。同僚から弁護士に相談することを進められ行きますが、担当の弁護士は寿子でした。寿子は両親の事を持ち出しますが、両親に違和感があったシンヤは断ります。シンヤがぼーっとしているとホームレスに話しかけられます。しかしそのホームレスはシンヤの父だったのです。
ゆうすけはみゃーこからの返信が来ます。そこには昔同級生だったと書かれていました。初恋の相手がみゃーこだったのです。
オレオレ詐欺のお婆さんの家に行くとお婆さんは死んでいました。そこにモーゼが居たのです。モーゼは野球選手の父ではなく、探していた雷太だったのでした。雷太はジュピターをかばい足を悪くして芸人を辞め、寿子の母の前から去ってしまっていました。そしてジュピターこそがオレオレ詐欺のおばあさんなのでした。ジュピターの息子は二歳で亡くなっています。その上でシンヤの詐欺に付き合ってくれていたのでした。お金も用意していましたが、明らかに小銭をかき集めたとわかるものでシンヤは泣き崩れます。そしてシンヤは父に電話します。シンヤの父はリュウタロウでした。シンヤは母に謝り、毎年恒例の桃の木の下で家族の写真を撮るのでした。

陰日向に咲くのみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

原作がすごく評判がよかったので、映画もきっと面白いのだろうと思い、期待して当時見に行きました。
でも見事に裏切られましたね。上映中、何度あくびが出たことか。
どの登場人物に対しても共感は持てないし、違和感ばかりを感じてしまいます。
その上、泣かせよう泣かせようという感じが見え見えで、かえってしらけてしまいました。
はっきり言って「何も残らない映画」、この一言でしょうか。時間とお金の無駄遣いでした。
俳優さんは演技も上手く悪いところがなかったので、悪いレッテルを貼られたようで、気の毒に感じました 。(50代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました