母べえ/あらすじとネタバレと感想

母べえ 2008年の邦画

母べえの概要

制作:2008年 日本
監督:山田洋次
出演:吉永小百合、浅野忠信、檀れい、志田未来、佐藤未来、他

母べえ(予告)

母べえのあらすじ

映画スクリプターの野上照代の実話をエッセイにしたものが原作であり、山田洋次監督が映画化。
主演は吉永小百合。
昭和15年の東京で戦争をテーマにある家族の物語である。

母べえのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

昭和15年の東京。野上佳代(吉永小百合)はドイツ文学者の夫滋、初子、照美の四人家族でした。
家族はそれぞれ「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と、べえをつけて呼び合い、つつましく幸せに暮らしていました。
しかし世間では日中戦争が激化していっていました。ある日滋が、反戦思想を持っていると疑われて、一方的に特別高等警察に連れて行かれてしまいます。野上家は落ち込みますが、夫の帰りを待ちました。
そして父の教え子でもある出版社勤務の山崎徹が度々気にかけてやってきてくれました。徹は不器用ですが優しい性格で、家族は山ちゃんと呼び仲良くなりました。
いつまでも滋が帰ってこないので、家計を支えるために佳代は小学校の代用教員になります。仕事に家事にと忙しい佳代の代わりに、滋の妹である久子が度々手伝いに来てくれています。
夏休みになると佳代の叔父、藤岡仙吉が奈良からやってきました。無神経な叔父を初子は嫌いますが照美はなついています。
昭和16年になり、佳代の父が山口から佳代の家にやってきます。
父は山口で警察署長をしていました。そして佳代に思想犯となった滋との離婚を要求します。
脅迫のように迫りますが、佳代は承諾しませんでした。
そして山崎を含めてみんなで海水浴に行きました。佳代は溺れた山崎を助けます。山崎は佳代の事をずっと好きでしたが何も言いませんでした。滋の妹久子は故郷に帰りました。
そしてとうとう太平洋戦争がはじまります。そして昭和17年の正月に父の獄死を伝えられ、そのあとクリスマスに父が家族に向けた手紙も届きました。

ネタバレと結末

その後、左耳が聞こえないに山崎にすら赤紙が届きます。
山崎は戦争に行ってしまい、野上家は悲しみしかありませんでした・・・。
昭和20年になり、戦争が終わります。
山崎は戦死してしまいます。久子は広島で原爆に合い亡くなりました。山崎の戦友で生き残ったものが佳代の家に来て「いつまでもあなた方を護ってあげる」という山崎の最後の言葉を聞きます。
初子は医者になり、照美は美術教師になりました。
初子の病院に入院している佳代の容態が悪くなり、照美が駆け付けます。「もうすぐ父べえに会えるね。」と言われた佳代は、生きている父べえに会いたい。というのでした。

母べえのみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

母べえを演じる吉永小百合さんが旦那さんを待ち続ける、表には出せない胸の内を痛々しいくらい切ない演技をされていて胸が痛みました。
また、娘役の志田未来さんの感情表現や演技力が素晴らしくて感動しました。
母べえやそれを取り囲む人々が、戦争という不条理に耐えながら、生きている姿を見ていると、やはり戦争は起こしてはいけないと改めて思いました。
暗い時代の中で、その中でも何気ない日常があったことを感じる映画でした。(20代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました