生きてるだけで、愛。/あらすじとネタバレと感想

生きてるだけで、愛。 2018年の邦画

生きてるだけで、愛。の概要

制作:2018年 日本
監督:関根光才
出演:趣里、菅田将暉、田中哲司、西田尚美、他

生きてるだけで、愛。の見どころ

本谷有希子原作の「生きてるだけで、愛」を関根光才が脚本・監督。
関根光才のデビュー作の映画である。
本谷有希子としては『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『乱暴と待機』と三作目の作品である。すべての作品に共通しているのは「刹那的にしか生きれない人々」ということだ。

生きてるだけで、愛。のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

寧子は幼少時代からの影響で奇行に走りがち。そしてやる気のない時間が続きます。
そして社会人になっても、どうしても世間並みに付いて行けずに無職です。
ある飲み会で津奈木(ライター)と出会い、付き合いだします。
・・・三年経って同棲している二人。寧子はうつ病の影響なのか、過眠症になってしまいます。仕事もしないで一日中寝て、津奈木の買ってくる弁当で生きている。
引きこもりになった寧子が唯一外の世界とつながるのは、姉との連絡のみ。
寧子は自分の思うようにできないからか、津奈木に八つ当たりしたりとやりたい放題だが、津奈木は争いごとを避ける性格のため何も言いません。
津奈木もまた、仕事が思うようにできずに葛藤します。
寧子も姉から仕事をしろと言われますが、コンビニの面接ですら起きれません。
ご飯を作ろうと思っても、思うようにいきません。
ひとりで家にいると津奈木の元彼女がやってきました。別れてくれと言われて、寧子にバイトをするように言われました。
いっぱいいっぱいでバイトする寧子に津奈木の様子が変わっていくことに気が付く余裕はありませんでした。
そしてついに津奈木は仕事先で、切れてしまい仕事を首になります。
そこでまた、寧子はバイト先で追い詰められてしまいパニックになります。服を脱ぎ棄てながら走り出し、津奈木は拾いながら追いかけます。
寧子は津奈木に直球でぶつかります。するとそんな寧子が好きだといいます。

ネタバレと結末

津奈木は出会った時に寧子が、やり切れない思いが沸騰したら自動販売機に頭をぶつけて頭から血を流しているくらい吹っ切れた行動を見て、すごいと思った事。
その時に見たひらひらしたスカートがとても綺麗だったこと。そしてまたキレイなものを見たいと思った事などを話します。
自分は事なかれ主義で、人を寄せ付けないように生きてきたのに、そんな寧子を見て衝撃を受けたこと。
そして二人は停電した家に帰り、暗闇が怖い寧子を改めて抱きしめます。
もっと寧子の事を見ていて、もっと寧子を知りたいという津奈木に「私たちが分かり合えたのなんて、ほんの一瞬くらい。でも、そのほんの一瞬で私は生きてる」と寧子はつぶやきます。
そしてトラウマだった母のように暗闇で裸になり踊りだすのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました