デトロイト・メタル・シティ/あらすじとネタバレと感想

デトロイト・メタル・シティ 2008年の邦画

デトロイト・メタル・シティの概要

制作:2008年 日本
監督:李闘士男
出演:松山ケンイチ、加藤ローサ、秋山竜次、細田よしひこ、大倉孝二、他

デトロイト・メタル・シティのみどころ

若杉公徳による、漫画「デトロイトメタルシティ」を松山ケンイチで実写映画に。
ポップなミュージックを売りとしている少年が、間違ったヘビメタに乗り、クラウザー様になり切って歌う二重人格のようなギャップを売りとした漫画である。
中でも松山ケンイチの、両極端な演技は話題を呼び、彼女にも言えない様子がまた笑いを誘う。
キャッチコピーは「僕がしたかったのは…こんなバンドじゃない!!」という心の叫びである。
民放で放映された時には自主規制が入るなど、全員がやり切った感じが往々にして感じられる良作である。

デトロイト・メタル・シティのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

主人公、根岸(松山ケンイチ)は大分から東京へ、オシャレでポップなミュージシャンを目指して上京するマッシュルームヘアの少年。
大学時代も彼女と、甘いソングを歌いつつ青春を謳歌。
しかし、根岸はデスメタル専門の事務所に入り、女社長に言われてデトロイト・メタル・シティ(DMC)のボーカール、クラウザー二世として一世を風靡してしまったのです。
これまでの恰好とも、顔つきとも、歌い方ひとつとっても同じではありません。いうならば天地の差があります。
自分のやりたかった音楽とは到底違うことにも根岸は悩みますが、DMCの人気はうなぎのぼりです。
根岸の不満は女社長は一喝します。自称Sの女社長にぼこぼこにされてしまうのです。
それでも不満が募る根岸は、大学時代の彼女にばったり会います。二人は大学時代を思いだし、急速に仲良くなりますが、彼女はデスメタルの事を軽蔑していたので、自分の悩みを言えなくなってしまいました。
さらに自分の後輩が、信念を貫きポッポシンガーとしてデビューしていたことにもショックを受けます。
根岸は傷心を癒やしに、すべてを捨てて大分に帰り農業を手伝い、飼い牛に心を癒されます。

ネタバレと結末

しかしそのころ世界的に有名なデスメタルが、引退を宣言しワールドツアーを開催することに。各国で対バンとして日本で選ばれたのはDMCでした。
しかし根岸の心は揺らがず、構わず、愛牛と戯れる日々。
そこへ事務所からファンの手紙や、女社長やメンバーからの手紙が届きます。
母からの励ましもあり、根岸はもういちどクラウザーになり切ることを誓います。
音楽ライターであった彼女も会場に来て、ファンの話を耳にしデスメタルに理解を示すようになったところに、根岸がクラウザーだったことに気が付いてしまいます。
DMCの歌は世界的に有名なデスメタルバンドの心をつかみ、後継者としてギターを手渡されるのでした。

デトロイト・メタル・シティのみんなの感想

ネタバレなし

主演の松山ケンイチさんの演技には本当に笑わせていただきました。
深いストーリーではありませんが、単純に笑える映画が見たいのであればオススメできると思います。
ほかのキャスト(松雪さんや秋山さん…)もとても素晴らしく、しっかりとした(ぶっとんだ?)世界観を作り上げています。
さらに驚いたのが、音楽があのカジヒデキさんなんですよね。
私の世代だとドンピシャで、みんなが知っている方でした。
…ちょっと下品なのも意外と好きです。(40代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました