パコと魔法の絵本/あらすじとネタバレと感想

パコと魔法の絵本 2008年の邦画

パコと魔法の絵本の概要

制作:2008年 日本
監督:中島哲也
出演:役所広司、アヤカ・ウィルソン、妻夫木聡、土屋アンナ、阿部サダヲ、他

パコと魔法の絵本の見どころ

監督は中島哲也。主演は役所広司。
キャッチコピーは「子どもが大人に、読んであげたい物語。」。
一日しか記憶を保てないパコと出会った偏屈なおじいちゃん。そんなおじいちゃんがパコと出会った事で心を溶かしていく物語である。

パコと魔法の絵本のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

変わった人ばかりが入院している病院がありました。
病院患者の大貫はまさに糞ジジイという名称がぴったりで、他の患者にも嫌われています。口を開けば悪態ばかりついていましたが、入院生活の苦痛からわがまま放題に当たり散らしていたのでした。
ある日の事、大貫はパコと出会います。パコは大貫の横に座って、いつものお気に入りの絵本を読みます。いつもニコニコしているパコには大貫は心を許して絵本を読んでやるのでした。
ある日、大貫はパコの記憶が一日しか持たない記憶障害ということを知らずに、パコに対して怒って叩いてしまいます。パコは泣き出してしまいました。
パコは家族で乗っていた車が事故を起こし、パコだけが生き残ったのですが記憶障害が残ったのでした。
いつも読んでいる絵本は母親からのプレゼントで「ガマ王子対ザリガニ魔人」と言います。
次の日現れたパコはまた大貫の事を知らないといいますが、大貫がパコのほっぺに触ると大貫の事を思いだしました。記憶がストックできないパコが覚えていたのでした。大貫は泣き、パコのために何かできないのかと考えます。それから大貫は毎日パコの顔に触れ、絵本を読んでやるのでした。
二人が入院している病院では、夏にサマークリスマス会をします。その時の劇としてパコの絵本「ガマ王子対ザリガニ魔人」をすることにしようと思いつきます。
大貫はこれまでさんざん怒鳴り散らしていた病院の人たちに頭を下げ始めます。
しかし入院患者はみんな事情がある(ケガや病気)です。ドタバタしながらも練習していきます。
主役のガマ王子は大貫でした。

ネタバレあり

しかし劇が終わると、パコの容態が悪化し、危篤状態になってしまいます。
医者はパコの余命は大貫に会う前には尽きていたといいます。そして一瞬だけ目を覚まし、ガマ王子に手を伸ばしたところで命尽きてしまいました。
大貫はパコの死が受け入れられず、絵本をびりびりに破いてしまいます。
そして病院は廃病院になり、病院の息子が一人で住んでいます。そこに訪ねてきた元患者が大貫の遺影の前で一連の話をして、絵本の一ページを渡します。パコの事を忘れないようにとみんなで一ページづつ持っていたのでした。お前がわたしを知ってるってだけで、腹が立つといつも言っていた大貫はパコの心の中に残れたのでしょうか・・・?

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました