容疑者Xの献身/あらすじとネタバレと感想

容疑者Xの献身 2008年の邦画

容疑者Xの献身の概要

制作:2008年 日本
監督:西谷弘
出演:福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、松雪泰子、堤真一、他

ガリレオ 容疑者Xの献身予告編

容疑者Xの献身の見どころ

東野圭吾の人気小説・テレビドラマガリレオシリーズを西谷弘監督が映画化。
主演は福山雅治。
湯川の同級生天才数学者の石神と共に頭脳戦を繰り広げるストーリーである。

容疑者Xの献身のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

元ホステスの花岡靖子(松雪泰子)は弁当屋で仕事をしながら、娘の美里と二人で暮らしています。
ある日、二人の暮らすアパートに靖子の元夫がやってきます。元夫は何度姿を消すために引っ越しても、探し出してまとわりついてお金を取って行きます。靖子は精神的疲労で心の線が切れそうでした。
そして元夫と話をしている時に、靖子ははずみで元夫を殺してしまいました。
靖子と娘が呆然としていると、再度家のチャイムが鳴ります。弁当屋の常連でもある、隣に住む石神が物音がしたので心配して見に来ていたのでした。二人の様子がおかしいので、強引に入ると死体を見つけます。
そして靖子への恋心もあった石神は、死体を隠し、二人が捕まらないようにと動き出します。
石神は高校で数学教師をしていました。本当は湯川のように数学を極めたかったのですが家庭の事情でそうもいかずに、一人で暮らしている所に靖子と出会ったのでした。
石神は細かく二人に隠蔽する支持を出していきます。そして機密な計画に従っていくのでした。
そして遺体が旧江戸川で発見されます。身元が分かるものは何一つなく、指紋すら焼かれていました。が、あっさりと靖子の元夫、富樫慎二だとわかります。元夫は最後に宿泊していた旅館から盗難届が出ていたのでした。
旅館からDNAを採取し、証拠をひとつづつ追いかけていきます。死亡推定時刻も分かりました。
トラブルになりそうなのは、元妻の靖子も当然疑われます。
そして石神に言われた通り、靖子は映画を見ていたことを告げます。内海薫(柴咲コウ)はそこに違和感を抱きました。そしていつものように帝都大学理工学部、准教授の湯川学(福山雅治)に助けを求めたのです

ネタバレと結末

石神の言うとおりにして、おだやかな生活を取り戻した靖子ですが、次第に支配者が石神変わっただけだと気づきます。
湯川は靖子の家の隣に石神が住んでいることに気づき、二人は懐かしみます。しかし湯川はもしかすると石神が関わっているのかもと思い始めます。
靖子は石神が怖くなっていました。いつもどこかでじっと自分の事を見ていたのです。
さらに見つかった死体は、死亡時刻を変えるためにホームレスに元夫の服を着せていたことがわかります。そして石神がなぜか靖子の元夫を殺したと自首してきます。石神は靖子の罪を被る覚悟なのでした。
自分が殺人で逮捕されれば、靖子は永遠に疑われないのです。
しかしすべてを見抜いた湯川は靖子に本当の事を言います。そして自首します。靖子は石神に謝り、石神はなぜだと納得がいきません。無事に解決はできましたが、湯川の心には重くのしかかるのでした。

容疑者Xの献身のみんなの感想

ネタバレなし

天才物理学者と天才数学者の知能的な対決は非常に見どころがあった。特に、殺人事件もアリバイ工作に、天才数学者ならではのトリックが取り入れられており。最後の事件解決シーンでは、『なるほど』と感心させられました。
ただ気になったのは、殺人事件のアリバイ工作で遺体の入れ替え(別の遺体を用意)をしていたが、血液型検査やDNA検査等で、遺体の入れ替えは気づくだろう。と思った。(30代男性)
夫と息子の参院で鑑賞しましたが、映画が始まってから全く会話もしないほどにどんどん引き込まれていく感動の名作でした。福山雅治さんが主演扱いになるのでしょうか?私には堤真一さんと松雪泰子さんが主演のようにも感じました。この二人のもの悲しげな迫真の演技に息を飲んで沈黙せざるを得ません。全編に渡ってとても悲しい展開が進む中、しっかりと人間の「愛」というものも表現されていて非常に素晴らしい作品だと思います。(50代女性)
ガリレオの中でも静かなお話でした。あまり他の人の内面に感情的に踏み込まないタイプの主人公には珍しい話だったと思います。派手な印象はありませんが、謎に引き込まれていつのまにか集中して考えながら観ていました。いろいろな人のせつないやさしい気持ちがいっぱいのお話でした。献身ってすごいことだと思いました。見終わったあとはすっきりというよりさびしい気持ちになりました。(40代女性)
容疑者Xの献身は、東野圭吾の作品で一番好きなものです。主人公の生活を思うと、切ない気持ちになります。そんな風にしか幸せを実感できなかった辛さをおもうことができるのです。その姿は、今でも時々思い出しています。賢い人は、そのことをいろいろなことに利用することができます。ここでは、犯罪で利用してしまったんですね。その人生を考えると、自分の身近な人でもこんな幸せを望んでいる人がいるのではないかと思うことがあります。(50代女性)

ネタバレあり

母子家庭の隣の部屋には冴えない天才学者…という設定がまずは観客を引き込んだと思います。マンションやアパートには色々な過去や人生を抱えた人々が生きているという一面に、深い共感と興味を持ちました。コミュ障を演じる堤さんの冴えない姿、そして多感な娘を抱えながら必死で生き抜こうとする母を演じる松雪さん、お二人の深く悲しい演技に息をのみました。どこにでもありそうな日常の風景の中に悲しい犯罪を絡めていくストーリー性に脱帽です。(50代男性)
献身的な愛が殺人まで引き起こす恐ろしさと、それでも純真な愛情の発露だという切なさが胸に響きました。最後の手紙では自分ではなく昔のお店のお客さんと一緒になった方があなたのためにも娘のためにもなる、と書かれていて、石神さんは自分が一緒になるよりも相手に幸せになってほしいと心から望んでいたんだと分かるシーンが観ていてつらかったです。最後に湯川先生に暴かれてしまいましたがこれで良かったんだなと思いました。(20代女性)
天才数学者の石神と、湯川先生との掛け合いが面白くて、特に堤真一の演技は引き込まれます。ただ、言いたいのはこれはミステリーなくせに、純愛を貫き通す愛のあふれた映画です。何度見ても、泣いてしまいます。なんというか、せつなくて、こんなに悲しくなるのか、涙が止まらないです。最後に流れる最愛も映画にあっていて最後まで泣かしてくる愛とは何なのかそれを問いかけてくる映画だと思います。(30代女性)
堤真一さんの演技力が光っている映画でした。個人的には主演の福山雅治さんより存在感があって堤真一さんの映画と言っても過言ではありません。
隣の部屋に住む松雪泰子さんをストーカーのように気持ち悪く演じたかと思うと、最後は松雪泰子さんの幸せを願う紳士的な手紙…1つの作品の中で、視聴者にあれほど様々な感情を抱かせる役柄を見事に演じきっていました。
逮捕されたあと、どうなったか?続きが気になるので是非、容疑者Xの続編をしてもらいたいです。(40代女性)
原作を読んでいた私は、犯人役が堤真一さんと聞き、原作では非常に冴えない人物を堤さんが演じるのだろうか?合わなくないか?と思ったのですが、彼の役作りや役への入り込み方がまず、素晴らしかったです。演出もよかったのでしょう。思いがけないことが隠されていた結末、読んで知っていたにも関わらず、非常に引き込まれました。
ラストの堤さんの慟哭にも圧倒されました。福山雅治さんが主役を務める東野圭吾さんのガリレオシリーズは、どのドラマも映画も見ごたえがあります。原作のイメージや世界観をこわさず、見事に作られていると思います。(50代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました