孤狼の血/あらすじとネタバレと感想

孤狼の血2018年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

孤狼の血の概要

制作:2018年 日本
監督:白石和彌
出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、中村倫也、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

孤狼の血の見どころ

第69回日本推理作家協会賞受賞作の柚月裕子の長編警察小説シリーズを映画化。
暴力団対策法成立直前の昭和63年の広島を舞台に、刑事とヤクザの熱い戦いを描いた作品。
ヤクザ撲滅に命を燃やす刑事を役所広司が熱演。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

孤狼の血のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

昭和63年夏のこと。呉原東署捜査2課の大上章吾(役所広司)はヤクザである加古村組経理担当の上早稲二郎が失踪した事件を追う事になりました。日岡秀一(松坂桃李)と組んだ大上は、まずは苗代を挑発して逮捕を見逃す代わりに上早の居場所を言うように言います。しかし苗代は何も言いませんでした。大上は上早がすでに殺害されていると想像します。大上は幼馴染である瀧井組の組長、瀧井銀次に会いに行き聞き込みます。すると上早がラブホテルに監禁されていたことが分かり、ラブホテルに行くと帳簿を見せてくれなかったので大上は火をつけてどさくさに紛れてビデオテープを盗んできます。
日岡は大上の捜査が強引すぎてドン引きですが付いて行きます。ビデオテープを見ると上早が入店したことが分かったものの、上早の遺体や証拠が見つかりません。
その頃加古村組の吉田滋に尾谷組の柳川が襲撃します。クラブのママ高木里佳子に吉田がセクハラしていたのが原因でした。しかし柳川は反撃されて殺されてしまいます。柳川が殺されたことで尾谷組の若頭、一之瀬守孝が復讐をたくらみます。戦争に発展しそうな勢いだったので大上は早急に上早の遺体を見つけ出して加古村組を逮捕する事を一ノ瀬に宣言します。
日岡は付いて行けずに上司に大上の事を愚痴ります。しかし上司は知らぬ存ぜぬでこれまでの大上の歴史を聞かせます。大上には14年前、加古村組の組員を殺害した容疑がかけられたままでした。
大上は派手に逮捕を繰り返し、取り調べていくと上早の遺体の隠し場所が島にあることがわかり、発見します。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

しかし大上は大上の違法捜査の調査をしたいと記者がやってきて自宅謹慎を言い渡されてしまいます。
でも大上は謹慎の事も聞かずに飛び出して捜査を続け、大上が行方不明になります。日岡は大上を探し、理香子の所に行くとノートを預かっていると言って日岡に出します。警察内部の違法行為等、警察幹部の不祥事などがみっちり書かれたノートで理香子は大上がヤクザと市民を守っていると言います。しかし日岡は大上を信用できませんでした。すると理香子は殺したのは私で大上は罪を背負ってくれていると言います。理香子が殺した時、理香子は妊娠していたので大上が守ってくれたのでした。そして大上は水死体で上がります。死体から大上を殺したのは加古村組だと日岡が想像します。大上は日岡の気持ちも全部知ったうえでノートにアドバイスを書いていました。日岡は涙します。
日岡は大上の敵を討つために立ち上がり、強引に一ノ瀬を逮捕します。そして日岡は大上の後を継ぐ決意をするのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました