少年メリケンサック/あらすじとネタバレと感想

少年メリケンサック 2009年の邦画

少年メリケンサックの概要

制作:2009年 日本
監督:宮藤官九郎
出演:宮崎あおい、佐藤浩市、木村祐一、勝地涼、田口トモロヲ、三宅弘城、他

少年メリケンサックのみどころ

宮藤官九郎脚本・監督で、宮崎あおいと佐藤浩市を起用した映画。
キャッチコピーは「好きです! パンク! 嘘です!」という宮崎あおいの言葉である通り、宮崎あおいは好きなことだけしていたい性格から、勤め先の雇用期間延長だけのために佐藤浩市率いる少年メリケンサックバンドを探しあてるが、見た映像は25年前のものであって、現在の少年メリケンサックたちはオッサンになっており、とても再建できるようには見えなかったのだが・・・。

少年メリケンサックのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

かんなは契約社員として働くレコード会社で、雇用期間の延長をして貰うためにミクシィで見つけたライブ映像を社長に見せます。
意気揚々と紹介して見せましたが、かんな自身はロックもパンクもハードコアも同じに見えています。
しかし社長は何が何でもスカウトしてこいと、雇用期間の延長に成功します。
調子に乗ったかんなは自分の彼氏のCDも聞かせますが、速攻でボツになります。確かに耳障りはいいのですが心に残らないのです。
しかしメリケンサックの歌は何を言っているかわからないのにも関わらず、心に残るのです。
かんなはまずオフィシャルホームページを探しましたが、1983年と書いており自分と同い年だと思い込みます。
しかし話を取り付けたリーダー(佐藤浩市)に会うと、解散したのが1983年だということでメンバーは50オーバーなのです。
さすがにこれは無理・・・と思っていたところに、社長からの電話でメリケンサックの動画を動画サイトに乗せたらすぐに10万PVがでたというのです。社長は夢を膨らませており、デビューを取り付けたらかんなも昇進するといわれ、やけになって契約を取ります。
かんなはバラバラになったメンバーを探しますがうまくいきません。リーダーは同じメンバーでなければ再結成は無しだといいます。
そうこうしているうちに、全国ツアーのチケットは完売してしまいます。
社長にも言えないかんなは、「25年前よりもいいライブをすればウソがホントになる。」というリーダーの言葉に励まされ、その言葉にかけます。

ネタバレと結末

しかしボーカールは解散の時にリーダー兄弟に殴られて障害が残り、歩けない訳ではないけれど車いす生活です・・・。
音合わせをしても、痔が痛いので立って叩きたいなどの初老ならではの悩みが尽きません。
ライブもグダグダでしたが、キャンセル料が出るので続行します。
すると奇跡的に売れ始めるのです。
当然テレビ出演の依頼が来ますが、ギターとベースは骨折。なんとか二人羽織で乗り切ります。
これまで活舌が悪く何を言っているのかわからなかったボーカールも、なぜかテレビ出演でハッキリ歌うことによってこれまで「ニューヨークマラソン」と聞こえていた歌詞が「農薬飲ませろ」だったことでひと騒動あります。
かんなはディレクターとして続け、メリケンサックはバンドとして成功していくのでした。

少年メリケンサックのみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

宮崎あおいを宮藤官九郎がどういじるか。それだけが見たくてこの映画を見ました。佐藤浩市はおまけでしたが、意外にもこの役の方がかなりはまりました(笑)宮崎あおいはどうしても私の中のオマケ的わき役でしかないです。佐藤浩市率いる昔の、昔は良かったロックバンドが「ニューヨークマラソン」爆笑!で再ブレイクします。ま、サポートするのが宮崎あおいで佐藤浩市がロックバンドです、でもガタイがいいのでなんだか昔の吉川晃司みたい爆笑でも見て笑えるいい映画です。(40代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました