GOEMON/あらすじとネタバレと感想

GOEMON 2009年の邦画

GOEMONの概要

制作:2009年 日本
監督:紀里谷和明
出演:江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、他

GOEMONの見どころ

紀里谷和明監督作品の2作目となるGOEMON。主演は江口洋介。
キャッチコピーは「愛するもののために」。
金持ちから金銀財宝を奪い、貧乏に分け与える大泥棒でありながら民衆のヒーローである石川五右衛門が、パンドラの箱をめぐって戦う物語である。

GOEMONのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

戦国時代、「本能寺の変」により織田信長が暗殺され、豊臣秀吉が引き継いだ頃、民衆は飢えと渇きにあえいでいました。
GOEMON(五右衛門)は”天下の大泥棒”であり、民衆から喝さいされていた。金持ちの蔵を狙い、金銀財宝を横取りし、民衆に分け与えていたのです。
ある日の事紀伊国屋文左衛門の屋敷の蔵に入った五右衛門は、金銀財宝と共に小さな青い箱を持って帰りますが、中身が入ってなかったので子供にあげてしまいます。
しかしその箱は石田三成が躍起になって探していたもので、子供の母親は殺されてしまいました。それを見た五右衛門はその箱をめぐって才蔵と戦う事になります。
天下統一を果たした豊臣勢がなぜそこまで躍起になって箱を欲しがるのかわからない五右衛門は、箱を触っていると箱に仕掛けがあり、地図が出てきました。五右衛門は猿飛佐助と一緒に地図の場所のは廃墟となった荒れ寺に行くと、羽柴秀吉が明智光秀と組んで織田信長を倒すという連名書がありました。五右衛門は羽柴秀吉を殺すことにしました。五右衛門は子供のころに信長に命を助けられていたのです。
その夜、大阪城の自室で秀吉は五右衛門の手で殺されてしまいました。と思ったのもつかの間、五右衛門が秀吉だと思っていたのは影武者であり、返り討ちに合う所を才蔵に助けられます。才蔵もまた秀吉により忍として鍛えらえていました。五右衛門は自由気ままに、才蔵は忍の道を選んでいたのでした。

ネタバレと結末

そして才蔵も秀吉を狙います。しかし捕まってしまい、嫁は殺されてしまいました。子供は人質です。逃げ出した才蔵は子供を理由におびき出されて子供と共に殺されてしまいます。そして怒った五右衛門が秀吉を殺しに行きます。
秀吉はなぜ信長を殺そうとするのかと五右衛門に尋ねると、「天下を取ってみたくなった」と言い、秀吉は五右衛門に「自由とはなんだ」と質問します。黙っている五右衛門に「運命からは逃げられないぞ」と警告し、五右衛門は秀吉を殺しました。
しかしどうも納得できていない五右衛門。はじめにパンドラの箱をあげた子供に会い、再度パンドラの箱を託します。権力だけにすがる生き方はやめにしないか。と徳川家康に言いたい為に五右衛門は関ヶ原の戦い出ます。しかし不意を突かれて五右衛門が殺されてしまうのでした。五右衛門は絶景、絶景と言いながら安らかに死んでいきました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました