BALLAD 名もなき恋のうた/あらすじとネタバレと感想

BALLAD 名もなき恋のうた 2009年の邦画

BALLAD 名もなき恋のうたの概要

制作:2009年 日本
監督:山崎貴
出演:草なぎ剛、新垣結衣、大沢たかお、夏川結衣、筒井道隆、他

BALLAD 名もなき恋のうた | 泣ける 日本映画フル『新映画』

BALLAD 名もなき恋のうたの見どころ

アニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』を元に、山崎貴監督が実写映画化。
主演は草彅剛、新垣結衣。
キャッチコピーは、「守ることが,愛することだった。祈ることが,愛することだった。」
戦国時代の天正二年、武士とお姫様のラブストーリーである。

BALLAD 名もなき恋のうたのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

戦国時代の天正二年、春日の国では鬼の井尻と呼ばれる井尻又兵衛という侍が廉姫を護衛していました。
廉姫と又兵衛は幼さなじみで、身分は違えど惹かれあっていました。
ある日の事、足軽が鉄砲で又兵衛を撃とうとした時、突然真一が出てきて狙いを外してしまいます。
真一は未来の世界からタイムスリップしてきた少年でした。とりあえず又兵衛は真一を城に連れていくことにしました。康綱とどうするものかと考えていると、真一は廉姫を見て、夢で見ている人だと言いました。
廉姫はそれを聞き、又兵衛に真一を守るように言います。又兵衛と真一はいつも一緒に居るうちに打ち解けていきました。真一は又兵衛と廉姫の気持ちに気づき、どうにかしようと思います。
そのころ、関東での大国の大名である大倉井が廉姫を気に入り、婚儀を申し込んでくるのでした。
大倉井に逆らったものは国ごと沈められるという噂を聞いた康綱は、廉姫を嫁にやることに決めてしまいました。
同じころ、現代では真一がいなくなったことで両親が大慌てして探し出します。そして川上の大クヌギの木の下に手紙があり、真一が天正二年の時代に居ることがわかります。
文献を調べていくと川上一族が春日の国を助けるとあり、再度両親は四輪駆動車で大クヌギの木に行くと両親もタイムスリップしてしまいます。真一とも無事に再会を果たします。両親はすぐに帰ろうといいますが、なぜか戻る事ができず、史実通り春日の国を自分たちが救わないと(歴史を変えるのは許されない)帰れないことに気が付きます。

ネタバレと結末

城のみんなも真一の両親を歓迎しますが、未来には春日の国も大国もないことを知り、廉姫の縁談を断ります。大倉井は激怒し、2万の大軍を送り込みます。対する春日の国では500人です・・・。
しかし戦は大将の首を取れば勝ちです。真一は両親の乗ってきた四輪駆動車で戦場に乗り込み、又兵衛は高虎の本陣に乗り込み一騎打ちをします。無事に又兵衛が勝のでした。しかし帰る時に又兵衛は撃たれてしまい倒れます。その瞬間に現代に戻ります。廉姫は泣き崩れますが、真一たちは現代で春日城址で石碑にありがとう、れん。と書かれているのを見つけるのでした。

BALLAD 名もなき恋のうたのみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

まず。新垣結衣が姫役として可愛すぎる。戦国時代の姫だけあり強い性格だが、優しい一面もあり惚れ惚れします。それだけで見る価値あり。本当の思い人である又兵衛(草薙)がいるのにもかかわらず、戦国大名に嫁がなければならないという切なく悲しい時代を演じている。結果、破断になり戦争と発展しちゃうんですが。。。戦争も、未来から来た真一一家が自動車等を活用することで勝利すると展開が面白い。アニメから実写版になっているだけあり、子供でも楽しく見れると思う。(30代男性)
こんなに泣ける映画はないと思います。クレヨンしんちゃんの映画版が元になっていますが、それとはまた違う良さがあります。もちろん元となった作品はそれはまた別で泣ける映画作品です。主演の草彅剛さんと姫役の新垣結衣さん。はじめは「え~?」と批判的に思っていましたが、観ているとなんとなく馴染んできます。クレヨンしんちゃんの映画版が頭をよぎる時もあります。ですが、どちらもそれぞれの良さがあり、両方とも好きな作品です。(30代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました