ドロップ/あらすじとネタバレと感想

ドロップ 2009年の邦画

ドロップの概要

制作:2009年 日本
監督:品川ヒロシ
出演:成宮寛貴、水嶋ヒロ、本仮屋ユイカ、上地雄輔、中越典子、波岡一喜、他

ドロップの見どころ

品川祐の小説を原作とし、品川ヒロシが脚本監督として映画化。
漫画としても大ヒットしている。主演は成宮寛貴。
不良の世界に憧れて不良の世界に入った少年の話。

ドロップのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

信濃川ヒロシはおぼっちゃまが通う私立の中学生です。しかしそんなぬるま湯の世界に嫌気がさして、ある時漫画を読んで不良に憧れだしてしまい、自ら私立から公立へとドロップアウトしてしまいます。
転校しただけで自分も不良になれると思い込んだヒロシは、髪を真っ赤に染めて通学します。
当然不良に絡まれて、タイマンを張ることになってしまいました。当然ヒロシはケンカもしたことがありません。見よう見まねでケンカしますが負けます。それでもあきらめない姿勢を買われて井口達也のグループに入ることになりました。
そうして憧れの不良として輝いていると思い込んでいるヒロシ。ヒロシが住む地域では鬼兵隊という暴力団の幹部候補と言われている赤城と加藤がいました。誰もが避けて通るような赤城と加藤とヒロシたちはケンカをすることになりました。毎日のようにケンカしますが決着は尽きませんでした。そしてヒロシはそんな毎日に飽きてきたのでした。
ヒロシは赤城と加藤と自分の仲間を家に招きパーティをしました。するとみんなが仲良くなり、わだかまりもなくなりました。そして中学を卒業すると、ヒロシは一旦高校に行きますが初日に剣かしてしまい、退学になってしまいます。何をしようかと思っていると、姉の恋人がとび職に誘ってくれたのでヒロシはとび職になることにします。
そんなある日赤城と加藤が鬼兵隊を抜けようとし族から拉致されてしまいます。
その日は、ヒロシが就職したとび職のデビューの日でした。電話を受けたヒロシはとび職を進めてくれた姉の恋人の言う事も聞かずにヒロシは駆け付けます。

ネタバレと結末

そしてヒロシと仲間たちは、鬼兵隊とケンカを繰り広げます。そしてなんとか赤城と加藤を救い出すことに成功します。
しかしそのころ、ヒロシをとび職に誘ってくれた姉の恋人が、とび職をしている時に足を踏み外してしまい亡くなってしまいました。最後の会話はあのヒロシを説得しようとしてケンカをした時でした。
ヒロシは悔やみます。そこからヒロシは自分の人生について真剣に向き合い考えだしました。
そして誰も知らない所でイチからやり直そうと決意するのでした。そして過去の自分にサヨナラするために、ヒロシは達也にケンカを申し込みます。ヒロシが出発する日に達也は見送りには来ていませんでしたが、達也は陰から列車を見送っていたのでした。

ドロップのみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

この映画はお笑いコンビ品川庄司の品川さんが監督をしていたとても面白おかしなギャグヤンキー映画でした、主人公のヒロシがヤンキーに憧れて転校までしてしまうのには驚きましたし、何故そこまで不良になりたかったのか彼にはそれほどのなにか意思があったのかと気になって食い入るように見入ってしまうほどの作品でした。格闘シーンの演技がとてもリアルでまるでほんとに自分が喧嘩をしているかのような不思議な気持ちになりました。(20代男性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました