カイジ 人生逆転ゲーム/あらすじとネタバレと感想

カイジ 人生逆転ゲーム 2009年の邦画

カイジ 人生逆転ゲームの概要

制作:2009年 日本
監督:佐藤東弥
出演:藤原竜也、天海祐希、山本太郎、香川照之、吉高由里子、他

カイジ 人生逆転ゲームの見どころ

福本伸行の人気漫画賭博黙示録カイジを佐藤東弥監督が映画化。主演は藤原竜也。
キャッチコピーは、「ようこそ クズの皆様」・「考えろ、裏をかけ。そして未来を手に入れろ。」。
定職にもつかず、フリーターとしてダラダラ過ごしているカイジが友人の保証人から多額の借金を負ってしまい、エスポワール号に乗って借金を帳消しにする物語である。

カイジ 人生逆転ゲームのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

コンビニでバイトしながら定職にもつかずフラフラしている伊藤カイジ(藤原竜也)。
ある日、金融会社の社長遠藤凛子がカイジの元にやってきました。カイジは友人の借金保証人になっており202万の借金ができていたのでした。当然支払い能力のないカイジは困ります。そんなカイジに凛子は4時間後に晴海埠頭から出港する『エスポワール号』というギャンブル船に乗ることを進めます。このままいても借金を返すあてもないカイジはエスポワール号に乗り込みます。そこにはカイジと同じように借金を背負ったうだつの上がらない男が沢山載っていました。船を取り仕切っているのは帝愛グループです。
帝愛グループの利根川が前に出て、ゲームの説明をします。じゃんけんで星を取って行く単純なゲームですが、負ければ強制労働が待っていました。カイジは船井とじゃんけんし、最後に裏切られます。そして石田と勝負し勝ちましたが、石田を見捨てることができずに一緒に強制労働に行くことにしました。
石田と共に地下で強制労働をするカイジ。地下の強制労働施設では通貨としてペリカが使われていました。ペリカが溜まって行けば借金を消すことができると真面目に働き始めます。しかし帝愛グループの甘い罠にずっぽりとはまってしまったカイジはペリカで酒を買い、溺れてしまいます。そこで、ブレイブメンロードという高層ビルにかかった橋を渡りきると1000万円貰えるという話を聞き、参加します。石田は自分の金券を娘に渡してくれと言い、橋から落ちていきました。カイジは渡り切ったものの、これまでの借金から貰えたのは75万でした・・・。

ネタバレと結末

石田の金券を渡すものの、死んだ者の金券は返金できないと言われて落ち込んでしまいます。
それでも怒るカイジに利根川相手のEカードというゲームを提案し、カイジが乗ります。「皇帝1枚」「市民8枚」「奴隷1枚」を使って勝負するという簡単なゲームです。しかし地下に行ったときにはめられたマイクロチップでカイジの脈拍まで利根川にはバレバレで勝てるはずはありませんでした。カイジは考えてケガをして脈拍を狂わします。そしてカイジは5億円をもらい、利根川は地下強制労働施設へと運ばれます。出てきたカイジはカイジは凛子とお祝いをし、凛子に金を盗まれてしまいます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました