私は貝になりたい/あらすじとネタバレと感想

私は貝になりたい 2008年の邦画

私は貝になりたいの概要

制作:2008年 日本
監督:福澤克雄
出演:中居正広(当時SMAP)、仲間由紀恵、柴本幸、笑福亭鶴瓶、石坂浩二、他

私は貝になりたいの見どころ

元陸軍中尉・加藤哲太郎の獄中手記「狂える戦犯死刑囚」の遺書部分から作成された映画。
戦争に翻弄され、理不尽な裁判の末に死刑にされてしまうある理容師の話。
主演は中居正広。監督は福澤克雄。

私は貝になりたいのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

第二次世界大戦中の昭和19年の高知では、理容院を経営している清水豊松(中居正広)が居ました。
妻の房江(仲間由紀恵)と子供と幸せに暮らしていたのですが、そこに召集令状が来ます。
そうして豊松は厳しい訓練が始まりました。しかし豊松は片足が不自由だったのです。訓練についていけない豊松を上官や仲間から暴力を受けてしまいます。捉えた米兵を殺せと言われますが銃剣は捕虜の体に障っただけで米兵はもうすでになくなっていました。
そして戦後に豊松はBC級戦犯容疑で警察部に連れて行かれてしまいます。
アメリカ側の一方的な裁判が繰り広げられ、絞首刑になりました。もちろん上官たちも同じように絞首刑や終身刑が掛けられています。
言われるままに死刑囚収容所に入ると、大西という男が居て心細い二人は話して気を紛らわせます。するとその翌日に大西の死刑が執行されてしまい、豊松は泣き崩れます。その後、西沢という男が入ってきて散髪をしてやり仲良く過ごします。上官である矢野も謝ってきてわだかまりが溶けていきます。
ある日、豊松の妻房江も小宮教誨師からの手紙で死刑囚になったことを知ります。彼が戦争に行った後に生まれた子供も背負って拘置所に会いに行きました。
そのころ矢野が執行されてしまいます。その時に矢野はアメリカがしてきたことの罪深さ、事件の関係者の刑を減軽するように自分の死と引き換えに訴えます。
房江や子供たちと面会した豊松。西沢が書く嘆願書の署名はなかなか集まりませんが、家族には明るく接します。高知に帰った房江は妹と根気よく署名を集め、200人の署名を集めたことで夫の死は免れると思います。
面会で豊松に見せ、今後の話をします。これからの生活、子供の成長、理容院のことなどです。

ネタバレと結末

ある日のこと、豊松は拘置所から出られることになりました。
収容所の仲間に別れを告げ、身支度しますが米軍から絞首刑を宣告されてしまいます。
今までの人生を考えると、今度生まれ変わるなら何もしない、何も話さない貝になりたいと思います。
そのころ、高知では房江が今後の生活のために準備をしていました。
豊松は家族のために手紙を書き、執行されてしまいます。何も知らない房江は、ただ、豊松の帰りを待つのでした。

私は貝になりたいのみんなの感想

ネタバレなし

本作品は、BC級戦犯として、不公正な東京裁判によって死刑を宣告された、元日本兵が主役となっている作品です。この作品が公開された2008年前後のTBS出資の映画は、非常にはずれが多く、劇場ではあまり期待せずに足を運んだのですが、主演した中居さんの、激情的で、感傷的な演技を心を持っていかれました。
ほとんど誤判ともいえる裁判によって、散っていった、帰還兵の姿に、端的に、涙を誘われた。(20代男性)
戦争によって人生を狂わされた人はたくさんいろいろいると思うが、ひとつひとつみていくとどれもが特殊で、戦争はどれだけの悲しい話を作ったのかと考えてしまいました。家族と一緒に生きていくことが難しいなんて悲しいと思いました。奥さんが明るいほど、がんばるほど切なく感じました。ひどい状況と少しの光明のくりかえしでかえって何回も絶望を深くするという残酷な波にのまれていく感じがつらかったです。(40代女性)
私は貝になりたい2008年版は、昔の映画を見たことがあるので、それをどんな風に演じるのかとても興味をもつことができました。昔は理不尽なことが多いです。しかし今もそんな理不尽なこともあります。それをじっと我慢して家族のことを思いながら。耐えている中居正広の主人公の姿が焼きついています。その様子は、映画で立派に通じる主人公ではないか思ったほど立派な演技でした。泣いてしまうほど感動しました。(50代女性)

ネタバレあり

終始暗い映画です。見終わった後に絶望的な気分になるところはダンサーインザダークを見た後の感覚に近いかもしれません(流石にこっちのほうがマシですが)。
当時こうやって不当に裁かれた人間は沢山いたんだろうなぁと想像させられます。実際のところはわかりませんが、歴史をちゃんと学ぼうという気持ちも湧くような、感情はある程度揺さぶられる内容でした。主演の中居の演技はそれ程上手ではありませんが、十分に感情移入できる出来でした。(20代男性)
とにかく、戦争というものは不条理なものだと感じさせる映画だと思いました。
中居正広さんの獄中で、どんどん追い詰められていく演技が迫真の演技で見ていてやりきれない気持ちになりました。
特別なことは何も望まず、穏やかな日常を送りたいという願いさえ叶わない、時代の波に飲まれていった人々がどれほどたくさんいるのだろうかと考えさせられました。
歴史の中に名前すら残らず、戦争という闇の中に消えていった人々の無念を思うと、やはり戦争は起こしてはいけないものだと改めて強く思いました。(20代女性)
戦争に巻き込まれたら、どんな家族でもボロボロになります。家族というものは一人でも欠けたらバランスを失ってしまいます。生きることと死ぬことが隣り合わせになる戦争で、理容院を営んでいた主人公が人殺しになり、処刑されてしまう。次に生まれ変わる時には貝になりたいと思うのは当然でしょう。今の時代の子にはこの気持ちがわかるでしょうか・・・。(30代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました