劔岳 点の記/あらすじとネタバレと感想

劒岳 点の記 2009年の邦画

劔岳 点の記の概要

制作:2009年 日本
監督:木村大作
出演:浅野忠信、香川照之、松田龍平、仲村トオル、宮崎あおい、他

劔岳 点の記の見どころ

新田次郎の小説を木村大作監督が映画化。
主演は浅野忠信。
日本地図を完成するために明治時代の男たちが観測のために飛騨山脈を歩きながら山岳測量していく物語である。

劔岳 点の記のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

はじめに地図を作る時、基準となる場所に埋められた標石を三角点となります。タイトルの点の記とは三角点を記録した日記であり、距離・方位・高さから三角点ができあがります。今の日本に約10万6000箇所の三角点があり、地図を作り上げるために命がけで測量士が道を切り開いていったのです。
明治39年の秋のこと。日本は日露戦争で勝利した後、ロシアはフランスと手を組み、朝鮮半島を狙っていることを知ります。陸軍上層部は放置できない事態だと判断します。
その一方で、日本は国防のために明確な日本地図が必要だと考えていました。
そして陸軍省参謀本部の陸地測量部では、日本地図最後の空白である剣岳の地図、三等三角網を完成させろと言われます。柴崎は大先輩でもある古田に会いに行き、古田は剣岳の地元の山案内人として柴崎に宇治長次郎を紹介します。
柴崎の新妻も心配して見送る中、柴崎は旅立ちました。下見のために訪れた古田を長次郎が迎えに来ていました。本格的に上るのは来年の春でも、下見だけでもしておきたいと思っていた古田なのでした。
冬の山は危険だという長次郎に熱意を伝える古田。二人でテントを張りながら山を登りました。

どのルートを通っても七合目か八合目までは行けそうですが、残りは絶壁です。また春に登ることを約束し、家に帰ることになりました。
春になり、柴崎は測夫の木山竹吉と生田信と共にやってきます。春の登山では合計27か所に三角点を作る予定でした。天候にも悩まされつつ、一行は進みます。

ネタバレと結末

予想以上に山に登ることに悩まされ、柴崎は「なぜ山に登るのか」という哲学的な悩みに直面してしまいます。
そして地図は国家のためではなく、国民のために必要なのだという答えを出します。
そしてやってきました七合目より上は大雪渓であり、絶壁。慎重に上りはじめ、柴崎と長次郎は前人未到(はじめの一歩)を踏みます。そうして明治40年7月13日に27番目の三角点を立てます。
絶壁のため標石は無理でしたが、木を立てかけました。しかしそこには前任者の錫杖が。それは1000年以上前の修験者のものでした。上層では嘆いているものの、柴崎たちは満足感と達成感でいっぱいです。
8月3日に日本山岳会も剣岳の登頂を果たします。お互いに「仲間」意識ができあがっており、お互いにこの山に登り切ったことで喜びいっぱいです。
その後、日本地図は出来上がり、日本地図は彼らと彼らを支え続けた家族の記録にもなりました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました