クローズZERO II/あらすじとネタバレと感想

クローズZERO II 2009年の邦画

クローズZERO IIの概要

制作:2009年 日本
監督:三池崇史
出演:小栗旬、黒木メイサ、金子ノブアキ、高岡蒼佑、三浦春馬、桐谷健太、他

クローズZERO IIの見どころ

高橋ヒロシの人気漫画を三池崇史監督が映画化。
主演は小栗旬。
不良の集まる鈴蘭男子高等学校のメンツをかけた戦いの物語である。

クローズZERO IIのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

鈴蘭男子高等学校は不良の中の不良が集まる高校です。
そこに転校してきた源治は自分のチームを立ち上げます。その名もGPS『G・P・S(源治・パーフェクト・制覇)』でした。鈴蘭の王者になるために戦っています。ある日芹沢軍団と戦って勝ちますがまだ鈴蘭のトップではありませんでした。林田恵(リンダマン)です。源治は林田に負けてしまいます。
源治は林田に勝つことだけを夢見ていました。
そんな平和に見えた鈴蘭高校でしたが、水面下ではライバル校の殺しの軍団と言われている鳳仙学園がありました。二年前、鳳仙学園とは血の抗争を展開し、鈴蘭のトップ川西が鳳仙のトップ美藤真喜雄を刺し殺してしまうという事件がありました。川西は少年刑務所に入っていました。
このことがきっかけで両校は休戦協定を敷いていましたが、いつどうなるかはわからない状態でした。
そのころ、少年刑務所に服役していた川西の出所が決まり、鈴蘭に戻ってきました。川日は真喜雄の墓参りに行きますが、そこに復讐しようと待ち構えていた鳳仙の生徒たちに囲まれてしまいます。
川西は鈴蘭高校に逃げ込みます。このことをきっかけに休戦協定はなくなりました。
鈴蘭高校VS鳳仙学園が再び火をつけたのでした。
鳳仙側は鳴海をリーダーにし、打倒鈴蘭として戦いを望んできますが、鈴蘭にはリーダーというリーダーはいませんでした。これは鈴蘭にとってかなり不利な状態です。源治にとってもチャンスであるはずなのですが、源治は突然G・P・Sを解散してしまいました。

解散した後、源治は一人で鳳仙に乗り込んでいき、リーダー鳴海に戦いを挑みます。

ネタバレと結末

源治は校内放送で鳳仙と戦う人を募集したのでしたが、集まったのは40人ほどだったのでした。これではどのみち負けてしまう・・・なら一人で乗り込もうと決心したのでした。
源治が突然解散したあと、メンバーは不満を抱いていましたが、源治はメンバーに迷惑をかけたくないという思いがあったのでした。
そのことが分かった鈴蘭の生徒たちは、源治のために一丸となり鳳仙に向かいます。
全身黒一色で揃えたカラスのような鈴蘭高校と、白一色の制服でスキンヘッドの鳳仙学園が一斉に戦い出します。そしてその中でどさくさに紛れて、源治は林田に戦いを挑みます。林田に向かって行く源治を映して映画は終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました