去年の冬、きみと別れ/あらすじとネタバレと感想

去年の冬、きみと別れ 2018年の邦画

去年の冬、きみと別れの概要

制作:2018年 日本
監督:瀧本智行
出演:岩田剛典、山本美月、斎藤工、浅見れいな、土村芳、北村一輝、他

去年の冬、きみと別れの見どころ

中村文則の小説を実写映画化。
フリーライターが猟奇殺人事件の被告に会いに行きますが、いろいろと不自然な点があり探っていくとフリーライターは真相にたどり着くと完成された復讐劇が繰り広げられていた。というストーリー。

去年の冬、きみと別れのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

フリーライターの耶雲恭介はとある事件を編集者のベテランライターの小林良樹に持ち込みました。
その事件は木原坂雄大というベテランカメラマンが家で撮影中に火事になり盲目の女性モデルの吉岡亜希子が焼死してしまうという事件です。雄大ははじめこそ犯人として捕まったものの、雄大の姉の朱里が弁護士と戦い、雄大には過失致死傷で執行猶予になりました。
小林は解決してしまった事件を記事にしてもダメだと言いましたが、本にしたい恭介は食い下がって小林が付くことになりました。恭介は雄大がわざと助けずに亜希子の燃えている写真を撮影したという噂があり、恭介はその事を確かめたいのでした。しかし証拠がないのでまずは証拠を探していきます。
そして恭介は雄大を取材することができるようになりました。するとあの事件以降、雄大は話題になり仕事も忙しくなったそうであの事件は雄大にとって有利に動いたそうです。恭介がそんな雄大を取材したいというと雄大はスタジオのカギを渡して好きに出入りしていいと言われます。
恭介は朱里にも取材を勧めました。すると、雄大と朱里の父は二人が幼いころ刺し殺されていることがわかりました。雄大と朱里は当時父から虐待を受けており疑われたものの子供にできる殺害方法ではなかったため、捜査からは逃れていて犯人は今も捕まっていないままでした。一方恭介は婚約者との結婚が進んでいました。取材に熱を入れすぎて、婚約者百合子とはあまり会えておらず、百合子は雄大に狙われるのでした。そのころ、小林と朱里は関係を持ちます。

ネタバレと結末

そんな中、百合子が消えて探してみると雄大のスタジオに監禁されていました。
恭介が駆けつけると、そこは炎に包まれておりその中でシャッターを切り続ける雄大の姿がありました。百合子も焼死し、雄大は逮捕され、残された恭介は心ここにあらずです。そこで小林が恭介の事を探り出します。すると恭介が偽名であり、はじめに雄大に殺されたモデルの彼氏だったことがわかります。しかも朱里が雄大のために火をつけていたのでした。二人は父を殺した時から近親相姦を繰り返しており、途中で知った恭介が復讐を決意し雄大を確実に罪にするために行動していたのでした。そして百合子も恭介の共犯でした。途中で百合子と朱里をすり替え、雄大は自分の愛する姉が燃え盛る姿を知らずに一生けん命に撮っていたのでした。
全部のからくりがわかった小林は、恭介に狂っている。と言いますが、亜希子が殺された時恭介はこの復讐を遂げるために別れており、その決心をしたのが去年の冬だったのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました