インシテミル 7日間のデス・ゲーム/あらすじとネタバレと感想

インシテミル 7日間のデス・ゲーム 2010年の邦画

インシテミル 7日間のデス・ゲームの概要

制作:2010年 日本
監督:中田秀夫
出演:藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、阿部力、平山あや、武田真治、他

インシテミル 7日間のデス・ゲームの見どころ

ホリプロ50周年記念作品として「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」の映画がつくられた。
キャストは全員ホリプロである。
キャッチコピーは「時給112,000円の心理戦、参加者10名。」
米澤穂信原作「インシテミル」は殺人ゲームの話であり、原作自体もヒットした。

インシテミル 7日間のデス・ゲームのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

フリーターの理久彦(藤原竜也)がコンビニで求人誌を読んでいると、元OLで祥子(綾瀬はるか)という女が携帯を出して時給11万2千円の求人を見せてきました。
7日間の心理学の実験とあるそのバイトに、祥子は申し込んだという。理久彦は少し悩んで一緒に申し込みをした。
バイトに集まった人は10人。大きなリムジンで連れられた10人は円筒形の石造りの建物に入れられる。
荷物をロッカーに入れ、注意事項を聞かされます。そして最後に「この先、不穏当かつ非倫理的な出来事が発生し得ます。それでも良いという方のみ、この先にお進み下さい」と言われても全員が進みます。
中央のラウンジに10体の人形。そして改めて10人は自己紹介します。
そこにはカップルもいれば研修医もいて、みんなそれぞれの思いで集まっていました。
食事が終ると人形が説明をしだします。この建物は暗鬼館と呼ばれ、天井からぶら下がったロボットが雑用をこなすといいます。
そして実験終了は、7日目を迎えるか、生存者が二名になった時だといいます。
建物の中には娯楽が沢山あり、退屈しそうにはありませんでした。しかし至る所に監視カメラが設置されており、実験の意図が分かりません。
理久彦が部屋に入ると箱があり、開けてみると撲殺 火かき棒<まだらの紐>というカード、それに火かき棒が入っておりました。
二日目、一人が死にました。拳銃で射殺されています。
殺された人の部屋に入ると、毒殺 青酸カリ<緑のカプセルの謎>というカードが。
どうやら各部屋にはカードと凶器があるようです。
そしてロボットが死体を片付けました。すると棺桶が8つある部屋がありました。そして「解決の時間です。探偵と犯人、死体にもボーナスがつきます」というアナウンスが。
信じる者が足元を掬われるので、誰も凶器を見せ合おうとはしません。

ネタバレと結末

次々に死体が出る中、「実は半年前に息子がここで殺された」という人が。
この実験は何度も繰り返されていることを知って皆が恐怖に。
そして監視カメラは、ライブ映像を流すため。見た人の数で運営されているシステムのようです。
そうこうしているうちに、10人は2人に。7日目を迎えると扉は開きました。実は一人は死んだふりをしていたので7日目まで扉は開きませんでした。そして祥子は実は内部の人間で、理久彦のことはスカウトしたというオチでした。1億2902万4000円を受け取った祥子以外の二人はお金を捨てて家に帰るのでした。

インシテミル 7日間のデス・ゲームのみんなの感想

ネタバレなし

インシテミル 7日間のデス・ゲームは、デス・ゲームとあるのでかなりきわどい内容なのかなと思ってみていました。ところが見ていると、どんな展開になるのか全く想像することができませんでした。誰が味方なのか敵なのかわからない、その中でも心理が微妙に描かれていて、とても吸い込まれる内容でした。最後は、自分もスッキリとした気持ちになりお金なんてどうでもいいと思える、そんな素敵な映画です。(50代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました