悪人/あらすじとネタバレと感想

悪人 2010年の邦画

悪人の概要

制作:2010年 日本
監督:李相日
出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、他

悪人の見どころ

吉田修一の長編小説「悪人」を李相日監督が映画化。
正反対の二人が出会って、九州を逃避行する話。主演は妻夫木聡と深津絵里。
数々の賞を取った話題の映画である。

悪人のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

清水(妻夫木聡)は仕事終わりに愛車のGTRで峠を攻めています。同じころ石橋佳乃は保険の外交員をしていて契約に困って父に泣きつき、紹介してもらっていたお客さんに契約してもらいます。そして友達とご飯を食べに行きます。表向きでは佳乃は湯布院旅館の息子と付き合っていることになっていましたが、実際には見向きもされませんでした。これからデートだと友達に言い、清水と会います。実は清水とは出会い系で出会っており、本命ではなかったのです。そしてそれっきり佳乃は行方知れずに。
そして三瀬峠で死体となって発見されました。友人の証言により湯布院旅館の息子が疑われましたが、息子は峠で佳乃を蹴り落としたところまででした。次に出会い系で知り合った清水祐一に容疑が掛けられます。
・・・清水祐一は祖母と暮らしています。両親は離婚して、母も祐一を捨てていました。
祐一は大人のことが信じられずに生きてきました。入院している祖父の世話も引き受け、祐一を雇っている解体屋の社長も不憫になるほどストイックな生活を続けていました。唯一の娯楽が車でした。
大人になった祐一は出会い系サイトで次から次へと女の子に手を出します。
事件当日、祐一は佳乃に呼び出されていました。はじめから祐一の事を軽く見ていた佳乃は、車に乗っていた時、湯布院の息子とすれ違い、車を降りて息子の車に乗り込みます。あまりにも軽くあしらわれた感があり、腹の立った祐一は尾行します。ケンカして車から降ろされた佳乃。蹴り落とされたために、頭をぶつけてしまいます。
一部始終を見ていた祐一は不憫になり声をかけます。送ってやるという祐一に佳乃は罵倒を浴びせます。
祐一に襲われたと警察に行くと言い出したのです。そして人の事が信じられない祐一のコンプレックスを思いっきり刺激したのです。

ネタバレと結末

祐一は思わず首を絞めて殺してしまいました。死体は崖から落としました。
そして祐一は祖母の家に帰りました。二か月くらい前に出会い系で知り合った女からメールが来ます。
真面目で地味な女でしたが、祐一は会いに行きます。出会った二人はすぐにホテルに行きますが、なんと女は初めてだったのです。真面目な二人はすぐに心が通いだしました。
次は女が会いに行くといって別れたものの、家には警察がきていて祐一はすぐに引き返します。
そして祐一は女に罪を告白しますが、女はいつまでも待つといいます。
そうこうしている間に佳乃の父が湯布院の息子を殺す勢いで会いに行き、怒りをぶちまけます。
女の妹に連絡するも、女が殺人犯に連れまわされているという事になっていると聞きます。
赤灯台で隠れるも、そこにパトカーが。観念した祐一は全て自分が悪いと見せることで罪を償おうとします。
女には日常が戻りました。殺人現場にも花を持って行きましたが、佳乃の父が掃除しているのを見て辞めました。女の目には祐一と見た朝焼けが見えます。二人とも感動して涙を流していたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました