プライド/あらすじとネタバレと感想

プライド2004年のドラマ
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

プライドの概要

制作:2004年 日本
演出:中江功、澤田鎌作、平井秀樹
出演:木村拓哉、竹内結子、坂口憲二、中越典子、佐藤隆太、他

スポンサーリンク

プライドの見どころ

2004年、フジテレビ系列の「月9」枠で放送されていたテレビドラマ。主演は木村拓哉。
「氷上の格闘技」といわれるアイスホッケーに情熱を燃やす青年たちと恋愛模様を描いたストーリー。
ホッケーが一番で恋愛はゲームのように進ませていくと言っていた青年が恋に落ちていく様子とスポコンを混ぜた形である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

プライドのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

実業団のアイスホッケーに情熱を燃やし、恋愛はゲーム感覚の里中ハル(木村拓哉)。
百合、知佳、亜樹が応援に来ていました。ハルは恋愛をゲームだと公言し、誰にもはまらないと仲間にも言いました。そしてハル、友則、堀田大和は誰がどの子を引っかけるか密談します。
・・・ハルは安西健吾のお見舞いに行き、安西に憧れてホッケーをしだしたと言います。しかし安西は体が動きませんでした。安西はこれまでのハルのコーチをしていました。
新しい兵頭雄一郎というコーチのいう事を聞かずに、ハルはこれまでの安西のメニューで練習すると言い出します。兵頭はそんなハルに冷たく当たります。
亜樹は仕事で海外に行った彼を何の連絡もないまま二年間待ち続けているが、ハルの提案で彼氏が戻ってくるまでの間だけ付き合う事を合意しました。
亜樹とハルのデート中、安西の妻が他の男と会っているのを見つけ、問いただします。耐えられない時があると言い、安西はもう長くないと言います。安西は病室を抜け出し練習が見たいと言い、眠るように亡くなってしまいます。
期間限定の恋をしながら惹かれていく亜樹とハル。そこにハルの母親が20年ぶりに会いに来ます。そもそもハルは母親の事が原因で女性不信に陥っていることもあり、金策でやってきたと聞いた亜樹は会わない方がいいとハルに断言してケンカになってしまいました。

ネタバレと結末

そこに亜樹の啓介が帰ってきます。そして亜樹は啓介の元に帰ったのでした。亜樹はそのまま婚約してしまいます。
ハルはフラれてしまい、ネタにしますが本気で悲しんでいました。しかしハルはカナダに行くことが決まっています。今のチームでする最後の試合、ハルが倒れて動けなくなってしまいました。
そこに亜樹が現れ、ハルが立ち上がってゴールを決めます。するとそのままハルが倒れます。脳震盪でした。
ハルはカナダのアイスホッケーのチームで活躍し、みんなも応援しています。
そして亜樹が一人でスケートを滑っていると、花火が上がりハルが居てポロポーズされました。ハルがはじめて本気で好きになって本気で愛を告白するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2004年のドラマ
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました