JIN-仁-/あらすじとネタバレと感想

JIN-仁-2009年のドラマ
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

JIN-仁-の概要

制作:2009年 日本
脚本:森下佳子
出演:大沢たかお、中谷美紀、綾瀬はるか、内野聖陽、小出恵介、他

スポンサーリンク

JIN-仁-の見どころ

2009年、TBS系「日曜劇場」枠で放映されたテレビドラマ。
主演は大沢たかお。村上もとかの漫画が原作である。
脳外科医が江戸時代にタイムスリップし、次々と病気を解決し命を救っていく新しい形の医療ドラマ。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

JIN-仁-のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

南方仁(大沢たかお)は、東都大学付属病院の脳外科医です。
3年前、仁は婚約者の未来の手術をしましたがそのまま植物状態になってしまい、それ以来手術に対して臆病になっていました。
ある日、仁の元に緊急患者がやってきます。奇形胎児の形をした腫瘍がある患者で仁が摘出した後、患者は逃げ出しました。仁が追いかけると救急セットを持った手術した男が非常階段にいて、捕まえようとした仁が足を滑らせて階段から足を踏み外します。・・・目が覚めると幕末の江戸時代に居ました。
それから二年後、橘咲(綾瀬はるか)が落ち込んでいる様子を見て聞いてみると、咲の母が脚気であることがわかりました。なんとか治療しようとする仁。そして同時に世の中ではコレラが流行っており、仁は歴史を変えることに悩みつつ、コレラの治療を教えます。そうやって仁は江戸時代になじんでいったのでした。
ある日遊郭に連れられていった仁は梅毒に直面し、梅毒の特効薬・ペニシリンの精製を始めます。
次々と麻酔なしで手術をし、人々を助ける仁でしたが当時から東洋医学と西洋医学は仲が悪く衝突することもありましたが、仁は仁友堂という病院を開いてペニシリンを本格的に作り始めます。その頃、仁は体調不良が出始めます。
しかしペニシリンを作るには沢山のお金が必要で仁は頭を下げまわります。いつしか咲は仁について看護師のような事をしていました。坂本龍馬(内野聖陽)と知り合い、話をしているうちに坂本龍馬暗殺の日が近づいてきていることに気が付き、止めようとしますが歴史通りに坂本龍馬は斬られてしまいます。

ネタバレと結末

仁の体調不良は進むばかりでした。
咲は仁の事が好きになっていましたが、仁は鈍感で気が付きません。それでも咲に縁談が来たときにはじめて仁も自分が咲の事を気が付きます。そして咲も結納を取りやめて仁の元に戻ってくるのでした。
そして坂本龍馬もまた生きていました。歴史は変わっていません。
仁は体調不良が進むごとに、不安になり仁友堂に居る医師たちに少しでも自分の知識を残していこうと思い、必死で医学を教えていきます。仁はみんなの中で問題となっていた野風の乳がんの手術を終えたあと、咲との時間を過ごし、それぞれの未来を描きながらそれぞれの道を歩んでいきます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

  1. Nao男性20代 より:

    最もハマった医療ドラマ

    ドラマに医療ものは多いですが、その中で一番ハマった作品でした。脳外科医が江戸時代にタイムスリップするという設定がとても面白く、毎週楽しみにしていました。それまで歴史を扱った作品には全く興味がなかった私ですが、このドラマをきっかけに興味を持つことができました。面白いだけではなく、世界を広げてくれた作品でもあり、忘れられないドラマです。

  2. fm女性20代 より:

    医療モノとSFの融合が見事

    この作品は、医療モノという側面と、タイムスリップというSF作品としての側面を併せ持っています。
    最初は両立不可能なジャンルではないかと思っていたのですが、見事なまでに融合させていて驚きました。
    しかも、どちらの側面も決して適当には取り扱われず、作品の重要な要素として機能していて、そのストーリーのち密さに何度も圧倒されました。
    私の中で、最も好きな医療ドラマのひとつです。

2009年のドラマ
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました