SP 野望篇/あらすじとネタバレと感想

SP 野望篇 2010年の邦画

SP 野望篇の概要

制作:2010年 日本
監督:波多野貴文
出演:岡田准一、真木よう子、香川照之、松尾諭、神尾佑、他

SP 野望篇の見どころ

金城一紀脚本のSPシリーズを波多野貴文監督が映画化。主演は岡田准一。
テレビドラマで大ヒットし、SP野望編・革命編と続き、このあらすじは野望編である。
革命編への伏線が多く張られているので注意してみておきたい作品である。

SP 野望篇のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

警視庁警備部警護課第四係に所属する井上薫(岡田准一)は特殊能力を持っておりSPをしていました。
周囲の違和感、自分への敵意を察知などを敏感に察知する特殊能力で、仕事にも役立っていました。
そして今、井上は上司である尾形に疑いの目を向けています。
井上は六本木ヒルズのイベントで応援で警備に行っていると、爆弾テロをしようとしていた不審な男を発見し、逮捕します。尾形は公安部にも目をつけられています。尾形は大学の政治サークルのメンバーと、支援している与党幹事長伊達と共に大きな野望を抱いていたのでした。尾形は井上にも賛同してもらい、味方に引き入れたいのでした。井上の両親がテロの犠牲になった公園に呼び出された井上は、尾形に自分の方についてくれと説得されました。尾形は、これまでSPが護衛してきた人たちは護衛する意味もない。目を覚まそうといいます。
しかし井上は断りました。目の前の命の方が大事だと尾形が教えてくれたといいました。
そして井上を含め、第4係は伊達の警護の仕事が来ます。井上、笹本、石田、山本と、選挙応援で各地に行く伊達の警護です。しかし、警護が終ったあと北朝鮮が日本に向けて弾道ミサイルを発射します。四人は尾形に言われて、国会議事堂に行く官房長官の警護に回ります。
井上を排除したい伊達側は第4係に向けてテロリストの襲撃を出し、井上らは攻撃を受けてしまいました。
井上らの載っていた車は壊されてしまいます。タクシーもなぜか捕まらず、歩いていくことになりました。

官房長官と歩いて移動していく途中も二人のテロリストに襲われてしまいます。山本と石田は負傷し、井上と笹本の2人で官房長官を国会議事堂まで送り届けなければいけませんでした。あと少しという所で笹本も負傷してしまいます。井上は急いで官房長官を国会議事堂まで送り届けました。

ネタバレと結末

任務完了となった井上は、あるビルの屋上を見ます。そして自分がライフルの目標となっていることを知り、挑発しました。狙撃しようとしているのは木内教永でした。そして木内を帰らせる尾形の姿が見えました。
尾形と井上は見つめ合い、尾形は井上に本当に残念だよと言います。そして二人ともが近い未来の戦いを想像します。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました