告白/あらすじとネタバレと感想

告白 2010年の邦画

告白の概要

制作:2010年 日本
監督:中島哲也
出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、他

告白のみどころ

娘を生徒に殺された中学教師が、娘を殺した生徒を奇想天外な方法であぶりだしていくミステリー。湊かなえによるベストセラー小説を、中島哲也監督、松たか子で公開され爆発的なヒットを飛ばす。過激すぎる内容で15歳指定をされるが、生徒役には15歳未満も多く出演していても15歳まで見れなかった。
アカデミー賞では4冠を達成し、2010年度の日本映画興行収入成績で第7位というR指定では異例なものとなった。

告白のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

終業式の日、女性教師森口(松たか子)はクラス全員に牛乳を配ります。
全員が飲んだことを確かめてから、自分が教師を辞めることを告げます。
その後も先生は淡々と、命についての説明をしていき、熱血先生と呼ばれる中学生に人気の先生について、自分がはじめに赴任した中学で一緒に仕事をしていたというと、生徒はその話に食いついてきます。
スター的な存在であった熱血先生は、一人の少女から「死にたい」とメールが来てラブホテルに入ったところをスクープされ、教師を辞めざるを得なくなりました。
そして森口先生自身はシングルマザーでした。
婚約者がHIVだったのです。しかしそのころ森口先生のおなかには新しい命が宿っており、HIV差別を恐れた二人は未婚での出産を選択したのです。
森口先生は幸い陰性だったので、出産し復職します。18時までは保育所、その時間を過ぎると学校の隣の家の竹中さんに預かってもらっていました。
ある時竹中さんが入院してしまい、会議がある日先生は子供を保健室に連れて行きます。
その日娘は行方不明になり、学校のプールで死体となって発見されてしまいます。
事故だと片付けられたが、このクラスの生徒が殺したのだと先生は語ります。
しかし警察に捕まったところで、少年法があるため犯人は罪に問われない。
そして森口先生の娘は熱血先生の娘でもあることを告白します。
熱血先生は現在HIVを発症し、余命数カ月なのはメディアで知らされています。
「そこで犯人にも命の大切さを知ってもらうために、犯人二人の牛乳にだけ熱血先生の血を混ぜました。皆さんどうぞ有意義な春休みを過ごしてください」

ネタバレと結末

実は森口先生は牛乳に血は入れてませんでした。
しかし罪の意識から、母に告白した子は母親が隠そうとしたことで母親を殺し、捕まります。
もう一人の子は爆弾づくりが得意です。その子が母の愛を求めていることを森口先生は知りながら、作った爆弾をその子の母に送りつけ、スイッチを押させます。
「ここからが本当の地獄よ。なーんてね。」と言いながらも、復讐しても森口先生は失った娘の命の重みに耐えられない日々が続いていくのでした。

告白 のみんなの感想

ネタバレなし

まず、全体的に殺風景で暗い画面から物語の雰囲気がつくられていました。娘を殺されたと女性教師が単調に語り始めるところから、これから何かとんでもないことが起こりそうだと引き込まれました。暴力シーンや過激な演出もあり、苦しさを感じる場面もありましたが、画面から目が離せません。最後まで衝撃の連続で、女性教師の復讐の全貌がわかった時には、ぞくっとしたとともに、なるほどこの物語はそういうことかと、はっとされられました。とても残酷な物語でありますが、命について、また孤独や孤立からの救済について、考えさせられました。(20代女性)
小説が大好きで、映画も見ましたが、あまり惹かれませんでした。描き方がちょっと淡々としすぎていて、とにかくホラーでサイコな教師という風に見えてしまうのがちょっと残念だと思いました。心理描写にもうちょっと重きをおいてほしかったなと思っています。最終的にはあまり印象に残らずラストもぼやけてしまいました。有名な俳優が色々と出ていますが、演技は全体的にそこそこという感じでした。(30代女性)
流石!としか言いようがない映画です。もともと湊かなえは自分の中で、心の折り合いを納得いくまで(たとえイヤミスといわれようが)を上手に表現している小説。男性から見ると心の折り合いはなんとなくつけていくので、女性のこういうドロドロした気持ちが受け入れられないかも知れません。でも、女ならやっぱりこれ位の体裁はしたい所です(するかしないかは別として)(40代女性)

ネタバレあり

この映画は内容が優しくないのにもかかわらず、淡々と進んでいく様子が異様でもあり、引き込まれる要因でもありました。
先生が生徒をどんどん追い込んでいくので見ている自分まで圧迫されるような感覚がありました。大人も子供も同じ人間であり、たとえ子供であろうと自分にとっての害に値する存在ならば殺すというところに、現実味がありました。この映画の内容は現代社会の複雑な様子を表しているので誰がみるかによって感じ方は多少違ってくると思います。(20代男性)
映画の内容としては、娘を殺された女教師が犯人の生徒たちに復讐をするというものなのですが、重いテーマにも関わらず笑える描写もあったりして観ていて飽きなかったです。
最初のほうで犯人の生徒が教師の娘をプールに投げ落とすシーンがあるのですが、あそこだけはかわいそうで見ていられなかった…。
復讐の仕方も給食の牛乳にエイズ患者の血液を入れるなどの、ちょっとぞくっとする内容があり、怖いですが面白い作品でした。(30代男性)
悪気ない子供の行為が幼い命を失ってしまった。私が母親なら同じように苦しめてやりたいと思うでしょう。エイズウィルスに感染した血液を朝食の牛乳に入れると言うシーンが1番衝撃的でした。子供でなくてもエイズに感染したのではないかとすごく怖くなるはずです。案の定、子供たちの人生はそこから大きく変わってしまいました。けれど年齢は関係なく、罪を犯したら自分も同じように苦しまなければならないと私は思います。復讐をして更生させようと言う松たか子演じる教師はすばらしいと思いました。(30代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました