おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

「生きる LIVING」いつまでの上映?上映期間を予想

洋画他

当サイトにはプロモーションが含まれます

画像はYahoo!映画より引用

「観たい映画の上映期間がいつまでなのかわからない。」

上映開始は大々的に宣伝されますが、上映終了日がいつまでかわからなくて困るのはよくあることですよね。

この記事では、2023年3月31日公開「生きる LIVING」の上映期間がいつまでなのか上映期間を予想しました。

1952年の黒澤明の「生きる」をイギリスでリメイクした作品で、余命宣告を受けた男性が人生の新たな一歩を踏み出す人間ドラマ。

あくまで予想であるため、上映期間を100%保証するものではありません。
見逃さないためにも、早めの鑑賞がオススメです。

また記事内では、「映画を900円で鑑賞する方法」についても紹介していますので活用ください。

NEW映画チケットCTA
映画を900円で鑑賞する3ステップ
引用元・U-NEXT
  1. 「U-NEXT」の無料トライアルに登録
  2. 付与された600Pで映画チケット割引を900円で購入
  3. 映画館のチケットと引き換え
たった900円で映画を鑑賞する

「生きる LIVING」はいつまで上映?上映期間予想

一般的な上映期間は3週間~2ヵ月ほどで、あらかじめ決まっているものではなく、各映画館によって異なってきます。

  • 人気
  • 話題性
  • 興行収入

これらの要素を含めて、映画館が設定。

今作の都内での上映劇場は18劇場と、中規模での上映となります。

中規模での上映の場合、1ヵ月ほどで終了することが一般的。

今作の公開日は2023年3月31日ですので、4月下旬~5月上旬頃が1つの目安となります。

「生きる LIVING」を900円で鑑賞する方法

一般的な映画の料金は1,900円ほどで、学生でも1,500円ほどかかってしまい、気軽に映画鑑賞に行けないという方も多いですよね。

サービスデイの利用でも1,000円を切ることはまずありませんが、900円で鑑賞する方法が1つだけあります。

それは、U-NEXTの映画チケット割引を利用するという方法。

料金月額2,189円(税込み)
無料トライアル期間31日間
ポイント月1200ポイント
無料トライアル登録時は600ポイント
(電子書籍・映画チケットにも利用可能)
見放題作品数210,000本以上

「U-NEXT」では無料トライアルへの登録で、映画チケットや動画配信に利用できるポイントが600Pもらえます。

そのポイントを利用してチケットを購入することで、900円で映画鑑賞が可能に。

登録から割引まで、わずか5分ほどの作業で1,000円浮くのは、かなりお得ですよね。

登録~割引までの手順

  1. 公式サイト から無料トライアルをクリック
  2. 必要事項を入力し登録完了
  3. メニューのクーポン・ギフトコードから「映画チケット割引」を選択
  4. 劇場を選択し映画チケット割引を利用を選択
  5. ポイントを利用して購入

特に、

  • 他にも鑑賞したい作品がある
  • 入場者プレゼントが複数欲しい
  • U-NEXTで関連作品や他作品を併せて楽しみたい

このような方にはオススメの方法です。

上映終了日が近いことを知らせる3つの情報

上映期間はあくまで目安となりますので、上映劇場情報も併せて確認しておくことをオススメします。

その際に、

  1. 上映回数が1日1回
  2. 他の劇場での終了情報
  3. 作品紹介欄の上映終了日

これら3つの情報を確認しておきましょう。

特に上映回数が1日1回になったり、他劇場で上映終了し始めたら、上映終了が近い合図になります。

また、劇場ホームページの上映スケジュールや作品紹介の欄に、上映終了日の記載されている場合があるので、併せて確認しておきましょう。

見逃した時の対処法

ついつい見逃してしまった場合は、以下の3つのタイミングまで待つ必要があります。

  1. DVD・Blu-rayの発売
  2. 動画配信開始
  3. 地上波での放送
再上映する場合もありますが、可能性としては高くありません。

DVD・Blu-rayの発売は公開から4~6ヵ月を目途に発売されることが多く、動画配信サービスでの配信も、同時に開始されることが一般的。

今作品の上映日は2023年3月31日ですので、7月~9月の間となる可能性が高いです。

また、地上波での放送は未確定要素が多いため、待つことはあまりオススメできません。
DVDや動画配信で観ることをオススメします。

特に動画配信サービスでは、無料トライアルの利用で無料で観られることもありますので、利用してみましょう。

「生きる LIVING」の作品情報

制作2022年 イギリス
上映時間103分
配給東宝
監督オリバー・ハーマナス
製作スティーブン・ウーリー
エリザベス・カールセン
原作黒澤明
橋本忍
小国英雄
脚本カズオ・イシグロ
キャスト・出演者(ウィリアムズ)ビル・ナイ
(マーガレット)エイミー・ルー・ウッド
(ピーター)アレックス・シャープ
(サザーランド)トム・バーク

あらすじ

1953年。第二次世界大戦後、いまだ復興途上のロンドン。公務員のウィリアムズ(ビル・ナイ)は、今日も同じ列車の同じ車両で通勤する。ピン・ストライプの背広に身を包み、山高帽を目深に被ったいわゆる“お堅い”英国紳士だ。役所の市民課に勤める彼は、部下に煙たがられながら事務処理に追われる毎日。家では孤独を感じ、自分の人生を空虚で無意味なものだと感じていた。そんなある日、彼は医者から癌であることを宣告され、余命半年であることを知る――。
彼は歯車でしかなかった日々に別れを告げ、自分の人生を見つめ直し始める。手遅れになる前に充実した人生を手に入れようと。仕事を放棄し、海辺のリゾートで酒を飲みバカ騒ぎをしてみるが、なんだかしっくりこない。病魔は彼の身体を蝕んでいく…。ロンドンに戻った彼は、かつて彼の下で働いていたマーガレット(エイミー・ルー・ウッド)に再会する。今の彼女は社会で自分の力を試そうとバイタリティに溢れていた。そんな彼女に惹かれ、ささやかな時間を過ごすうちに、彼はまるで啓示を受けたかのように新しい一歩を踏み出すことを決意。その一歩は、やがて無関心だったまわりの人々をも変えることになる――。

引用元・「生きる LIVING」公式サイト

評価・口コミ・感想

Twitterでの反応は以下の通り。

まとめ

「生きる LIVING」の上映期間は、4月下旬~5月上旬頃までと予想させていただきました。

あくまで予想ですので、お近くの映画館の情報を確認し、なるべく早く鑑賞しましょう。

見逃してしまった場合には、

  1. DVD・Blu-rayの発売まで待つ(およそ4~6ヵ月後)
  2. 動画配信されるまで待つ(基本的に1と同じタイミング)
  3. 地上波で放送するまで待つ

この3つの選択肢を取ることができ、特に2番の選択肢がオススメです。

みんなの鑑賞前後のコメント (鑑賞前後の感想をコメントを記入ください)

洋画他
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました