安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~/あらすじとネタバレと感想

安堂ロイド2013年のドラマ
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~の概要

制作:2013年 日本
演出:波多野貴文、木村ひさし、坪井敏雄
出演:木村拓哉、柴咲コウ、大島優子、桐谷健太、本田翼、他

安堂ロイド OST 01 – ARX II-13

安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~のあらすじ

安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~のみんなの感想

ネタバレなし

毎回、ストーリーがどう展開されていくのかがワクワクしながら見ていて面白かったです。木村拓哉が演じる物理学者が未来から来た敵に殺されると、木村拓哉の恋人(柴咲コウ)が命を狙われ、それを阻止しようと安堂ロイドという名の木村拓哉が演じるアンドロイド(ロボット)が突然現れ、彼女を助けます。木村拓哉のロボットの動きが上手かったです。また、ロボットがどこか壊れると、修理ロボット(本田翼)が急に登場し、修理してくれます。修理ロボットのキャラクターも面白く、本田翼が上手く演じていましたし、ナース姿が可愛かったです。柴咲コウに起きる事件の捜査している警察の役者さんも平岡祐太、遠藤憲一等が出演していました。遠藤憲一の敵と戦っている姿もカッコ良かったです。この当時、未来から来たロボットが出てきて戦うという様なストーリーがまだなかった様に思います。このドラマは9時からの日曜劇場で放映されていたので、これまでに無い様な展開ドラマだったので、1回目ではまってしまい、毎回、楽しみに見ていました。(50代男性)
ドラマに整合性なんて求めないタイプなので、かなり楽しめました。バッサー可愛いし、衣装が良いんです。知り合いは、演技が下手過ぎるとか言ってましたけど、バッサーにそんなこと求めてません。キムタクとツーショットなんて、惚れ惚れするほど、ビジュアルがステキです。というか、このドラマに関してのバッサーは棒くらいでちょうど良い感じなんじゃないかと、個人的には思っていたり。比較的、キャストのビジュアル重視でドラマを観るので、このドラマは、そういう意味で、ナイスキャスティングなんじゃないかって思います。女性キャストが、特に良いかなと。それぞれ、違った感じの美人さん揃いです。それと、おじさん達は渋くてカッコいいのが、またたまらない(ファンの人に怒られそうだけど、自分的には、おじさんにキムタクを含んでいます)。エンケンさん好きの方にもオススメです。(40代女性)
初回は良かったなーと思いました。
木村さんの演技がロボットっぽくないという話も耳にしましたが、未来からやってきたアンドロイドなのでロボットって感じでもないのかなと思いました。
とにかく木村さんがかっこよくて、こんなアンドロイドがずっとそばで守ってくれたらいいな~と羨ましく感じました。
しかも、恋人が自分のために送ったというと、更に胸キュンです!
ただ、ストーリーとしては他にも似たような作品があるので、ちょっと被っている感じもあり面白いとは言えないかな?と感じました。
もっと複雑なストーリーを期待してしまっていたので、微妙だったかなと思います。
でも、アンドロイド役の木村さんは観たことがなかったので、新鮮でした!(30代女性)
万人受けするようなストーリーではありませんが、私はとても大好きなのものでした。ですが、実写の連続ドラマというのがあっていなかった思える、気持ち残念な作品でもあります。未来と現在が混ざるファンタジーも、機械と人間の恋も素敵なのですが、アニメでやった方がもっと良い作品になっただろうと思います。それか、2時間の映画、ただし洋画に限るですかね。登場人物の繊細さは日本のドラマならではでも、扱うスケールが大きくて、日本人俳優ではカバーしきれていなかった気がします。キムタクや柴咲コウのイメージが強すぎるのでしょう。あとは、こうした近未来、科学テクノロジーが溢れた作品を表現するのまだまだ日本ドラマは下手なようですし…。そういう違和感がなければ、もっと多くの人に受け入れられやすかったのでしょうね。(30代女性)

ネタバレあり

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました