偽装の夫婦/あらすじとネタバレと感想

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

偽装の夫婦の概要

制作:2015年 日本
演出:深川栄洋、石尾純、日暮謙、伊藤彰記
出演:天海祐希、沢村一樹、内田有紀、工藤阿須加、柴本幸、他

日本テレビ ドラマ「偽装の夫婦」BGM

偽装の夫婦のあらすじ

偽装の夫婦のみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

天海祐希さんと沢村一樹さんの、背が高い美男美女カップルが素敵でした。
互いに愛し合っているのに男女の関係になれないのは苦しいことだと思いましたが、パートナーがゲイであっても、互いを思いやる愛情があれば夫婦関係は成立すると思いました。そのような夫婦の姿は見ていて温かい気持ちになりました。このドラマで初めて工藤阿須賀さんを知りました。
役柄の正義感が強く純粋な好青年という印象が工藤さんにも当てはまりファンになりました。
怖い人柄を演じていたキムラ緑子さんが、心の奥底に抑え込んでいる優しさを垣間見せる表情が気になっていましたが、ヒロを助けたことを隠していたのだと分かった時に納得できました。
自分が愛されていたことに気が付き、少しずつ心が解けていく様子が自然だったのでヒロの変化に違和感を覚えることなく最後まで集中してドラマを楽しむことができました。(30代女性)
個人的にものすごく好きだったドラマでした。主役の沢村一樹さんと天海祐希さんの偽装の夫婦のやりとりもとてもおもしろいですが、周りのキャストもキャラが濃く、とてもおもしろかったです。叔母一家のメンバーもとてもおもしろく、特に佐藤二朗さん演じる天人が好きでした。また、工藤明日香さんがゲイ役なことも面白かったです。このドラマのメインの登場人物にゲイやレズビアンがいます。最近、ゲイのドラマが増えていますが、このドラマはメインのテーマではないですが、この時からゲイを全面に出している珍しいドラマだったな、と今思うと思えました。ドラマ全体がとてもポップなコメディなので、誰でも楽しめるドラマだと思います。(30代女性)
天海祐希さんが大好きで出演しているドラマは必ず見ています。この「偽装の夫婦」は今までの天海祐希さんが演じてきた役柄と少し違って奥手で地味なんですよね。
図書館司書という設定にも意外で驚きました。本が大好きで、部屋の中に積み上げた本で部屋の床が抜けるというのは面白かった。そのおかげで(?)昔の恋人と同居する事になるのですが、沢村一樹さんがゲイ役というのも意外だし、工藤明日香くんに恋している様子はピュアでドキドキしてしまいました。
印象的だったのは、天海さんと沢村さんが肉体関係を持ってもいいと覚悟を決めてベットインするシーンです。好きな人同士なのに性的マイノリティの為にもどかしい思いをする切なさが伝わってくるシーンでした。最終回まで展開が読めないので面白いドラマでした。(40代女性)
ヒロと超治は、どんなドラマのコンビにも負けない運命の二人だと思いながら見ていました。クセの強い二人だけど、結局離れてもくっついてしまう引力のようなものがあって。お互いが一番の理解者であることや、それをお互いが痛いほどにわかっていること。このドラマのようにお互いを必要としていても、それが異性であって、ましてやどちらかが特別な好意を持っている場合には、恋人として一緒になるか、もう二度と会わないかの二択しかないと思うけど、この二人は結婚した。二人にしか選べない選択肢だったから、最終回はホッとしたのと同時に考えさせられました。超治はいいけれど、女性にとっては試練の選択だったようにも思います。(30代女性)
「偽装の夫婦」好きなドラマでした。天海祐希さんと沢村一樹さん、お二人ともとてもスタイルがいいので並ぶととても素敵で、ベストカップルといった雰囲気だったのに、沢村さんがまさかのゲイ役でした。でも凄くリアルな感じで演じていたのを今でも覚えています。
加えて内田有紀さんの美しすぎるレズビアンの佇まいも当時目が離せませんでした。キムラ緑子さんなど、個性の強いキャラがたくさん出ていたドラマで毎回楽しかったです。工藤阿須加君も出始めの頃で初々しかったです。
一度はお互い別のパートナーとの道を歩いた二人ですが、最後には志を一つにして同じ道へと歩き始めました。でも沢村さんはゲイのままだから身体の関係は無し・・そこがとても切なかったです。でも身体の関係はなくても心が繋がっている夫婦のカタチがあっても全然いい!と思えたドラマでした。天海さんと沢村さん、CMでも共演していて今でもこのドラマを思い出し、キュンとします。続編があったらぜひ見たいと思えるドラマです。(40代女性)
すごく理想の夫婦っぽい二人が、実は偽装結婚、という設定が面白かったです。沢村一樹の超治はゲイだから、天海祐希のヒロとうまく行くわけがないだろう、と分かっているのだけれど、沢村一樹のヒロに対するやさしさ、これってただの友情なのかな、愛情じゃないのかな?と胸が苦しくなるような瞬間がいくつかありました。超治はほかの人に恋をしているけれど、ヒロは全然そんなことはなく、心を閉ざしているから余計に超治のやさしさがヒロに響くのかもしれません。最後はどうやって終わるのだろうと思ったけれど、二人が紆余曲折はあったにせよ、一緒にいるのでほっとしましたが、ここに至るまでの間、ヒロには心の平穏はあったのか?など、色々と考えさせられるドラマでした。(40代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました