仰げば尊し/あらすじとネタバレと感想

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

仰げば尊しの概要

制作:2016年 日本
監督:平川雄一朗、吉田健、福田亮介
出演:寺尾聰、多部未華子、石坂浩二、尾美としのり、他

日曜ドラマ 仰げば尊し 真剣佑

仰げば尊しのあらすじ

仰げば尊しのみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

このドラマは、他のドラマからすると、とても地味だったのかもしれません。
ですが、人間としての大切な物が何なのかを教えてくれるドラマでもありました。
不良高校生が、吹奏楽部に入るという内容は、ある意味ありきたりな内容、古い内容ととられがちですが、ドラマというのは、派手な内容や、キラキラした内容だけではないのだと思いました。
時には、大切な物ってなんだろう?
大切にしなくてはならない気持ちってなんだろうと、考えるドラマも良いと私は思います。
最終回、出来れば先生には生きていて欲しかったと、それだけが残念で仕方がありません。
もしも、先生が生きていたら、彼らにどういう言葉を投げ掛けたのだろうと、つい思ってしまいます。(40代女性)
この作品は、大型2世タレントが出演するということで始まる前から随分と話題になった。寺尾聡、村上虹郎、真剣佑(新田真剣佑)の三人だ。モデルとなった学校があるようだがそれにアレンジを加えた作品だった。最初の段階で荒れた学校から音楽を通してまっとうな人間に再生するんだろうなというストーリーは見えてしまったがストーリーより個性派俳優の村上淳の息子、村上虹郎や千葉真一の息子、真剣佑がどんな演技をするのか興味があった。さすがに親譲り、演技はすごく自然で拙さを出すのがすごくうまかった。ストーリーはあまりに理不尽なことが多く寺尾聡演じる吹奏楽顧問の先生があまりに青島(村上虹郎)をひいきし過ぎてつまらなかった。しかし美しく育ちのいい木藤良(真剣佑)と青島のバックグラウンドの違いによる葛藤などはうまく描けていたと思う。(40代女性)
寺尾聡演じる先生が荒れた学校の吹奏楽部の講師として校長にどうしても来てくれと説得された。生徒たちは、校内暴力と非行からぬけっ出さなければとわかっているがなかなか抜け出せないでいた。一人づつ吹奏楽部に誘い入れ自分自身の弱さと戦って更生させていくところが良かった。先生も指揮者として挫折を味わいその傷を生徒たちと克服していく姿が感動的だった。先生が、癌だとわかったときも個人個人で感じるものが異なりそれでも吹奏楽部の甲子園の大会に向けて部員たちが気持ちをぶつけ合いながた優勝に向かう姿は、とても泣けてきました。先生も最後の時間と戦いながら最後まで生徒たちと一緒でいれたことに満足をして旅立ったと思います。(50代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました