Paradise Kiss パラダイス・キス/あらすじとネタバレと感想

Paradise Kiss パラダイス・キス 2011年の邦画

Paradise Kiss パラダイス・キスの概要

制作:2011年 日本
監督:新城毅彦
出演:北川景子、向井理、山本裕典、五十嵐隼士、大政絢、他

Paradise Kiss パラダイス・キスの見どころ

矢沢あいの人気漫画を新城毅彦監督が映画化。
主演は北川景子と向井理。
キャッチコピーは「自分の可能性を信じなきゃ何も始まらない。」。
進学校に通う女子高生が芸術学院の服飾科と付き合っていくうちに、モデルへの道を決意していく物語である。

Paradise Kiss パラダイス・キスのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

早坂紫は有名な進学校に通う女子高生でした。高校三年生の今では、受験勉強に追われています。
同級生の徳森浩行にずっと片思いしていますが進展はナシでした。
成績も伸び悩んでいて第一志望はちょっと無理かもしれません。母も過干渉で、毎日の生活にうんざりしていました。そんなある日嵐に声を掛けられます。引いて逃げようとした紫はその場で貧血になり倒れてしまいます。
次に紫が目を覚ましたのは嵐のアトリエでした。そこには女装したイザベラ(男)が居て、アトリエに運んで介抱してくれていたのでした。
嵐は矢澤芸術学院の生徒で、彼女の実和子、デザイナー志望のジョージと共に学園祭でするファッションショーのモデルをして欲しくて声をかけたといいます。実際に嵐たちの立ち上げたParadise Kissというブランドもありました。しかし紫は受験を理由に嵐たちをちょっと小ばかにして断りました。
しかし次の日に紫はジョージに連れられて紫を変身させます。

ジョージは紫をモデルにすることをあきらめなかったのです。ジョージに対する反抗心からモデルをすることを受け入れてしまう紫。
同じころ、母の干渉がより一層激しくなってしまい、紫は家を飛び出してアトリエに住んでいるジョージの所に逃げ出します。紫は母から自立するために学校を休んで仕事を探し出します。
ジョージがモデルの仕事を紹介してくれますが、簡単に考えていた紫は仕事が大変なものだと理解しました。

ネタバレと結末

しばらくしてParadise Kissの服が委託していた店から全て返品されてしまいました。
ジョージはParadise Kissを辞めることを決意し、今度のショーを最後にパリに行くことを決意します。
今度のショーがParadise Kiss最後のドレスです。ショー当日のリハーサルはボロボロでしたが、ジョージは紫を励まし、無事に成功しますが結果は二位でした。
会場に紫の母も来ていて、二人は和解し紫はモデルへの道を歩む決意をします。
・・・三年後紫はモデルとして成功し、ニューヨークに行きます。そこでイザベラに会い、イザベラからジョージの居場所を教えてもらい、紫はジョージと再会し、熱いキスをするのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました