アンダルシア 女神の報復/あらすじとネタバレと感想

アンダルシア 女神の報復 2011年の邦画

アンダルシア 女神の報復の概要

制作:2011年 日本
監督:池上純哉
出演:織田裕二、黒木メイサ、戸田恵梨香、谷原章介、音尾琢真

アンダルシア 女神の報復の見どころ

人気テレビドラマ外交官黒田康作シリーズの、完結編アマルフィ女神の報酬を西谷弘監督が映画化。
スペインを舞台に映画化としては二作目。主演は織田裕二。
アンドラ公国で自殺した日本人投資家で警視総監の息子である川島の調査のため訪れた黒田外交官が事件に挑んでいく物語である。

アンダルシア 女神の報復のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日アンドラ公国のホテルの部屋で警視総監の息子で投資家の川島直樹が死んでいました。
G20サミットに同行していた外交官の黒田康作(織田裕二)は急遽担当となり、アンドラ公国へと飛んでいきます。そこでインターポール捜査官の神足誠と第一発見者の銀行員の新藤結花と会います。結花は何かに怯えていて落ち着きがありませんでした。神足は結花を疑っているようでした。
しかしすぐに結花が襲われて黒田と共に安達のいるバルセロナの日本領事館に行きます。
黒田が事件を調べていると、佐伯から結花が勤めているビクトル銀行で顧客が架空投資で大損した話を聞き、それが川島だとわかりました。次に結花を取り調べていくと川島が暴力団の金をつぎ込んでしまったことがわかります。結花はビクトル銀行の履歴を消してくれと川島に依頼されていました。
ビクトル銀行が国際テロ組織のマネーロンダリングと関りが深いこともわかりました。
インターポール捜査官の神足は警視庁で内部告発したことから左遷されており、同時に今回のこの事件を無かったことにすればまた日本に返してくれると言われ揺らぎます。事実を話すか、まだ小さい息子の居る日本に帰るか揺らぎます。
黒田と神足はビクトル銀行幹部の別荘に張り込んで国際テロ組織とビクトル銀行の不正の証拠をつかもうとしました。
一方で結花は神足に、逃がしてくれれば本当の川島が死んだ原因を教えると言われます。川島は強盗に襲われたかのように見せ毛カテ投資で大損して自殺したのでした。

結花を取った神足は黒田を撃ちます。
神足は結花を逃がし、テロ組織の幹部を逮捕します。結花を逃がしたのは泳がさせるためで、実は黒田も防犯チョッキを着ていて無事でした。すべては黒田の画の中でした。

ネタバレと結末

晴れて逃げたように見えた結花は、川島のパソコンを取りに行き、結花はアンドラで川島の取引していた証拠を探します。
そこに待ち構えていた神足と撃たれたはずの黒田に逮捕されたのでした。
無事にマネーロンダリングの深層の証拠を見つけて、銀行の不正を暴いた黒田は免職を免れて、神足もインターポールとして出世していくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました