神様のカルテ/あらすじとネタバレと感想

神様のカルテ 2011年の邦画

神様のカルテの概要

制作:2011年 日本
監督:深川栄洋
出演:櫻井翔、宮崎あおい、要潤、吉瀬美智子、岡田義徳、他

神様のカルテ Trailer

神様のカルテの見どころ

夏川草介の小説を深川栄洋監督が映画化。
主演は櫻井翔、宮崎あおい。ロケ地の中心は長野県松本市で行われました。
キャッチコピーは「心は、きっと救える」「最後に こんな幸せな時間が 待っていたなんて。」。
医療の中でどうしても起こってしまう心の葛藤を描いたストーリーである。

神様のカルテのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

栗原一止(櫻井翔)は内科医で本庄病院に勤めています。
本庄病院では専門外の診療をしたり、当直で睡眠がとれないほど繁盛していました。それでも一止は先輩外科医砂山と看護師東西と共に頑張っています。
しかしそんな一止も家に帰ると妻の榛名と共にゆったりとした時間を過ごしています。
そんな時、一止は大学病院からお声がかかります。
大学病院なら地方の本庄病院と違い、最先端医療が学べます。しかし今、一止が本庄病院からいなくなってしまうと本庄病院では医師不足に陥ってしまうのが目に見えていました。
悩んでいると末期の胆嚢癌患者雪乃が一止を訪ねてやってきます。ガンを発見したのは一止で、大学病院に回すも手の施しようがないので冷たくされ、一止を再び頼ってきたのでした。その時雪乃は吐血し、腹部CT検査するとあと持ってひと月という状態でした。急に悪化していて、ガンが大腸にまで達していたのです。しかし一止は雪乃に余命を伝えることができませんでした。
雪乃の誕生日の日、一止は雪乃が見たいと言っていた山を見に屋上に連れて行きます。夫からの贈り物である帽子を、死んだら被せて欲しいと一止に頼みました。一止は大学病院に見学しに行くも、本庄病院に留まることを選びました。
雪乃の具合が悪くなり、一止は無理を推して当直を変わります。少しでも雪乃の傍にいてあげたい一止でしたが、あいにくその日も急患ばかりでなかなか雪乃の傍に居れませんでした。次々と輸送されてくる緊急患者を診ていると、雪乃の容態が急変したという知らせが入ってきました。

ネタバレと結末

急いで雪乃の元に駆け付ける一止でしたが、雪乃の延命処置をしようとして手を止めました。
雪乃はもう亡くなっており、必要なのは死亡診定でした。死亡診定を行った後、一止は頼まれていた雪乃の帽子から手紙を見つけます。一止への手紙で、先生は素晴らしい治療をしてくれた。という感謝の気持ちが綴られていました。そして雪乃がなぜ一止を訪ねてきたのかが書かれていました。
一止を訪ねてきてから自分のカルテを見てしまったこと。そこには細かく細かくカルテが書かれてあったこと。その自分のカルテを見て、雪乃は神様のカルテだと思った事が書かれていました。
泣きながら家に帰ると榛名がなぐさめてくれ、同時に妊娠したことを教えてくれました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました